「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月24日、清里って山だなぁ、とあらためて思う。

<<   作成日時 : 2013/01/25 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、予定通りスキーをした。

朝、眼が覚めた時から窓からは眩しいくらいの

日が差している。

朝食後、行くための準備として、板にワックスをかけている時も

太陽はジリジリと感じるくらいの日差しを注いでいる。

昨晩も雪が降ったせいで、昨日よりも少しだけ量感を取り戻した

雪原とも言える中でなのに、汗ばむほどだった。

スキー日和だ。


車に板と道具を積んで小屋を出る。

小屋からは1分もかからないで牧場通り。

ここを曲がれば目の前にはどーんと八ヶ岳が・・・



なかった。


なんで?


ここはこんなに晴れているのに、八ヶ岳は雲に覆われて

その姿すら見えない。


途端にスキーのやる気ゲージが下がっていく・・・


でも・・・ま、いいか。

やるって決めてたし、準備もしちゃったし…


少し気持ちは萎えたけど、車をサンメドウズへ。

あんなに晴れていた小屋の辺りから、

たった車で10分くらいの場所なのに、

サンメドウズは・・・


画像



こんな感じ。

上、見えないじゃん。

これじゃ、てっぺんの1900mは雲の中じゃん・・・。



でも・・・ま、いいか。

やるって決めてたし、準備もしちゃったし…


とりあえず、足慣らしにフラワーリフト。

1本滑って、もう1本。

上がっていくと・・・


あれ?上の方日が差してる。


今度はパノラマリフトへ。


1900mの終点まで上がってみると、あらあら。


雲が下に見えるじゃない。


画像




ふと、横に目をやると・・・



画像



富士山が雲から頭だけ出しているよ。



そこからは、もうさっきまで嘘のように白銀が目に眩しい世界がやって来た。


画像




画像




画像




天気が良すぎて、気温が上がって、雪がちょっと重くなったのは

玉にきずだけど、

雲から頭の方だけ出した南アルプスでは、

甲斐駒は大きくその存在感を示し、

北岳はナンバー2のプライドか、富士山に負けじとアピールしているかのように

キラキラと輝いていた。



この天気の変わり具合の早さもそうだけど、

雲の上に出て下界を見下ろす感じ、

これはもう「山」だよね。

自分の足で上った訳でもないけど、

でも、それに似た爽快感を味わえる。

清里のスキーならではだよね。


清里でスキーをしようっていう人は、

ほとんどガンガンに滑ろうって人は少ないと思う。

だから、きっとこんなこと言うまでもないと思うけど、

あえて書く。

清里でスキーをするなら、スキーはもちろんだけど、

それ以外も是非楽しんでほしい。

ここには、素敵な空、素晴らしい景色、美味しい空気なんでもあるんだから。

リフトから見える動物の足跡の数も半端じゃないよ。


どれがキツネで、どれがシカ、そして、どれがウサギかわかる?

子供や彼女とリフトに乗りながらそんな会話するのも

楽しいよ。

間違いない。




今日は気温も高めで、スキーを終えて食事に出ても

気持ちのいい一日だった。

ちょっと春を感じさせるくらいのね。


動物たちも元気だ。


画像




夕方は、また格別の景色を見せてくれたよ。


画像




ほら、これからだよ。

一番の素敵な時間が始まるのは。


画像




みんな清里に来ればいいのに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月24日、清里って山だなぁ、とあらためて思う。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる