「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里は、たまっていた雪を一気に吐き出したかのような一日でした。

<<   作成日時 : 2011/02/11 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一夜明けた清里は一面の銀世界。

朝の積雪量は20センチにも満たないくらい。

しかし、それからがすごかった。

粒の大きさは大きくなり、その数は増え、

やむところを知らぬように、ひたすら深々と降り続きます。

積雪量もみるみるとその嵩をあげていきました。


画像



20センチをこえた頃、とりあえず、雪かきを。

と、言っても、玄関前と駐車スペースまでのルート、

ウッドデッキの通り道、薪小屋と物置までのルート、

そんな感じです。


その後、一休みをしてから買い物へ。

外はきれいな銀世界、なんてのを越えて、本当にもう雪の世界。

除雪のまだ来ていない状態なので、

新雪ふかふかの道路を走る、という感じ。

画像



塩カルが効いていて、まるで雪がない部分もありましたが、

多くは真っ白な雪道。

それなりに長い時間走ると、結構疲れますね。


清泉寮はこんな感じ。


画像



三連休という事もあって、他府県ナンバーの車が多かったですね。

でも、雪道を走り慣れていない、というどころか、

ノーマルタイヤのままの車も多いんですよね。

あちこちでスタックしたり、アイスダンスをしたり・・・。

まったく信じられないですよね。

東京でも大雪になる、そんな予報が出ているのに、

なんで山の一部である清里に来るのに

ノーマルで来るのか。


雪が降らなくても2月ですよ。

ふとした所に雪が残っていたり、凍結してたり、

そんな場所に来るのに、ちょっと不注意ですよね。

実際に、ゴールデンウィークにだって雪が降る所なのに。


自分たちが危ないだけでなく、立ち往生すれば他の車にも

迷惑だし、事故を起こせば他の車を巻き添えにすることだってあるのに。


清里にたくさんの人が来るのは嬉しい事ですが、

そういった事を含めて、マナーを守れない人たちは来てほしくないですよね。



さて、そんな間にも雪は降り続き、

買い物から帰った頃には相当の雪の量でした。

ここから個人的なビックリがありました。


うちの小屋へ帰るには、道路からちょっと急な坂を上がらなくてはならいのですね。

これが上がれない・・・。

重量のある車とは言え、スタッドレスを履いた四駆なんですけど、

今まで何回も雪の降る冬を経験してますが、

上がれなかった事は一度もなかったのに…


結局、少し回り道をして、なんとか小屋に帰りつきましたが。

この回り道も結構きつかったんですよ。

誰も通ってない道なんで、そのフカフカした新雪をラッセルしながら

走るんですから。

軽い傾斜しかない道なんでよかったですけど。


小屋に戻ってから、今度は坂道の雪かきです。

知ってます?

雪をかいた後って、薄くツルツルに雪が残ってるんで、すごく滑るんですよ。

それこそスタッドレスならなんでもなくっても、歩く時は要注意なんですよ。

それが、急な坂道でしょ?

雪かきながら3回くらいは転びましたよ(~_~;)

ま、その甲斐あって、なんとか車で上がれるようになりましたけど。


ついでに、朝雪かきしたところをもう一度さらって・・・

日ごろの運動不足を痛感しました・・・。


雪はその後も降り続きました。

夜、風呂と食事に出かけて、帰るまで。


結局、50センチ以上は積もりましたね。

今年の冬はずっと雪が降らなくて、寂しい思いをしてましたが、

今までの分まで吐き出すかのように、

これだけ降るとさすがにまいりますね。


そうそう、雪以外の目的だった、冬花火ですが、

その降雪のせいで、3月に延期なりました。

残念。

でも、強行されてたら、それはそれで・・・ねぇ(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里は、たまっていた雪を一気に吐き出したかのような一日でした。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる