移住をするのに読んでおいた方がいいことまとめてみました。長いよ。

移住について色々と書いてみる。
長いよ(笑)

ずっと書こうと思ってたけど、
安易にというか、簡単に書ける話でもなく、
相談を受けたり、書いてほしいと言われてから
ここまでも結構時間もかかった。

だってさ、10人移住希望の人がいたら、10通りのそれぞれの事情があって、
10通りのきっかけや思いがあって、とにかく一言では片付けられない。

だからさ、何を書いたら正解とかいうのもあるんだかないんだかだし、
耳障りの良いことばかり書いてもなんだし、
とりあえず、ゆっくり書いてみます。

色々と書くことはあるんだけど、
最初に書いとくね。

・なんで移住したいの?
・どういう生活スタイル、暮らし方をしたいの?
・収入、生活費は?
・どこに住みたいの?なんでそこなの?


これらに答えられない人は、完全移住は少し待ったほうがいいかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生活スタイル、暮らし方については、いちばん大事なんだけど、
仕事や住む場所なんかすべてに絡んでくることなので、
まずはここをしっかり考えた上で以下を読んでもらえればと思います。


●仕事やお金について書いてみる

 年齢とか人によって変わってくる部分ではある。
 年金とか不動産収入、それこそ投資の配当金なんかで暮らせる人は、
 とりあえず問題はないよね。

 このコロナの影響で、リモートだテレワークだが主流になったり、
 そもそも、ネットの環境があればどこにいても仕事ができる、
 そんな人も基本的にそのまま仕事すれば大丈夫。
 場合によっては東京まで出勤する日もあるかもしれないけど、
 とりあえずね。

 移住で課題、ネックになるのは移住先での仕事探しと言われてきた、
 でも、コロナのおかげ(?)で上記のように色々変わって、
 仕事は持ってくるもの、なんて言われようにもなってきますね。
 移住がしやすくなったとも。

 でも、移住するのに今の仕事辞めて、
 新しく仕事をこっちで探さなきゃという人もいる訳で、
 移住先で「仕事」があるのかが最初の課題。

 八ヶ岳周辺について言えば、選ばなければ仕事はたくさんあります。
 
 ただ。。。

 最低賃金で言えば、全国レベルでは平均的なのかもしれないけど、
 移住を考えてる人の今の地域からすると、おそらく200円近くは安い。
 平均賃金は、関東+山梨で見ると、山梨は群馬についで下から2番目。
 そんな地域で、データを見るとアラフィフの全国平均年収が600万前後くらいだけど、
 それと同じだけ稼ごうとするとけっこう大変。
 
 はっきり数字で言ってしまえば、この辺で一ヶ月30万の給料ってなかなかない。
 賞与がない企業も多い。
 そして、それくらい稼げる会社は、往々にして色が濃ぉいケースが。
 全てではなけど、休みは週イチで、朝から晩まで働いて30万。。。


 移住して、稼がなきゃいけない、っていうので、
 仕事詰めになって、嫌になる。それも移住あるある。
 八ヶ岳が好きで、自然が好きで、季節の移ろいを肌で感じながら
 自然と戯れたり、たまには出かけて遊んだり、この地域を堪能したい
 っていう人は、そんなふうに稼ぐだけの生活は嫌になっちゃうんだよね。
 だって、朝家を出て、戻るのは夜で、数少ない休みは、家のことをやったり、
 疲れてグッタリしてたり。
 それでいて、移住前より稼げない。
 こんなだったら、二地域居住してたほうがよかった、ってなる。

 大事なのは何をしたくて移住するのか、です。
 子供を自然が豊かな環境で育てたいから、それが目的なら、
 働く時間が増えても頑張れるかもしれない。
 もちろん、あんまり黒いと病んじゃうし、やっぱり楽しくはないよね。

 あ、あと、こっちにいるこの人と働きたいから移住する、とか、
 この会社で働きたい、とか、そういうのが目的なら
 黒くてもなんでも関係ないとは思いますが。
 
 田舎暮らしは街よりお金がかからない、なんて言われるけど、
 もちろん、暮らし方によるけど、一概にはそうも言えない。
 でも、考え方や、その暮らし方を変えると、打開策はあると思ってます。

 夫婦二人で20万。これくらいなら、二人で10〜15万くらいのアルバイトやパート
 をそれほど働き詰めでなくてもかせげるでしょ?
 例えばですけど、そんな感覚でいたほうがいいのかと思いますよ。

 さっきも書いたように、こっちが好きで、こっちを楽しみたいから移住するならば。

 あと、よく耳にするのが農業。
 就農する、農家として暮らしを立てるというもの。
 よっぽどの経験があれば別だけど、
 夢や憧れだけで考えてるなら、正直言うとやめた方がいいです。
 どこかの農業法人とかで働かせてもらうとかなら
 まだいいけど、思ってる以上に大変ですから。
 仕事として考えるなら、のんびりした生活と農業が両立は難しいです。
 また、家庭菜園くらいならと思っても、
 朝から晩までな仕事をやってると、
 そっちまで手が回らなくなるのも事実です。

 
●住む場所について、書いてみる

 元々、八ヶ岳周辺は東京を始めとする大都市からもほど近く、
 それでいて豊かな自然があるということで、別荘だとか移住が多い場所。
 それがここにきて、今まで売地の看板が立っていても誰も買わなかった
 土地などが売れ始めている。
 地元の工務店にも新築依頼が増えている。
 そう、コロナバブル。

 家を建てるということは、まぁ、移住か別荘か。

 ただ、見ていて気になるのは、本当にそこでいいの?
 ということ。
 移住でも、別荘でも、街を離れて、自然を求めて
 やって来るのが目的だと思うんだけど、
 窓を開ければすぐ隣のうち、みたいな立地に家を建ててるケースが少なくない。
 もちろん、最初は建ってなかったのに、次々周りに建ってしまったケースも。
 いいの?それで、とか正直思っちゃう。

 なんかね、例えて言うなら、街の郊外によく見る新興住宅地みたい。
 大きい土地を小さく区画して、おんなじような家がギュウギュウに建ってるやつ。

 ひとつは、不動産屋さんの手段というかね、売るのが仕事だから仕方ないけど、
 それを買うんだなぁ、と思ってしまうんですよね。
 大きな土地を大きなままでは高くて売れないから、切り分ける。
 大きいままだと1億で売る土地を、10に分けて、ひとつを1200万で売れば、
 買いやすいから買い手がついて、不動産屋さんも2000万も得をする、っていうやつ。
 今、街で狭小住宅が増えている要因の一つでもあるよね。

 それともかく、あえて隣家が近いほうがいいと言うので
 選ぶならいいけど、しっかりと状況や立地は調べたほうがいいですよね。


 別荘利用の場合ならいいけどそうでない場合、
 色々なリサーチもしたほうがいいですね。
 不動産屋さんは、よほど良心的でなければ、
 悪いことは言わないからあてにならない。
 一番いいのは、実際に近くに住んでいる人に聞く。
 それが難しければ、近くのお店なんかで聞いてみるとかね。

 気温や雪、買い物その他、暮らしやすさなどは景観の良さより大事でしょ?
 人によって様々だと思うので、自分が暮らしてどうかをよく考える、ですね。


 次に、ギュウギュウであろうとなかろうと、普通の場所に家を建てるなら、
 まず忘れてはいけないのは、街の価値観を持ち込まない。
 よく話題になるゴミの問題もそうだけど、街での当たり前は地方では当たり前ではない。
 それを忘れてはいけないです。
 行政にも同様の期待はしちゃだめです。

 土地を選ぶ、家を建てる場所を選ぶ際に、選択肢としては普通の土地に建てる、のと、
 管理別荘地に建てるというのがあります。
 管理費を払う代わりに、何かのときには助けてもらえる。
 でも、結局は自分でなんとかしなきゃいけない、
 何もかもやってもらえる訳ではないということは忘れてはいけません。
 また、同じ管理別荘地でも、土地ごと帰る所や、
 地上権しか買えない所があるのでそこも注意です。


 田舎暮らし、自然の中での暮らしを求めながら、

 隣家が目の前みたいなのでいいの??

 隣の家の明かりが見えないくらいがいいんじゃない?

 と個人的には思うけどね。
 
 今回書いたこととダブるところもあるけど、
 以前、家や土地に関して書いたブログのリンクを張っておきます。

 https://leafcoco.at.webry.info/201603/article_1.html?1617521092

 https://leafcoco.at.webry.info/201610/article_1.html


●住む場所について書いてみる

 どんな暮らし方をしたいか、ですよ。
 八ヶ岳山麓がいい、と言っても、清里だけじゃない。
 山梨だけじゃない。
 北杜市って言っても、23区と同じくらいの広さがある。

 八ヶ岳山麓がいいのか、アルプス方面がいいのか、
 山梨がいいのか、長野がいいのか、
 東京などに電車でよく行くのか。
 病院が近いほうがいいのか、
 スーパーが近いほうがいいのか、
 学校が近いほうがいいのか、
 気温は?雪は?
 
 単純な憧れも大事だけれど、
 そういった生活の現実的なことを考えるのも大事。

 近所との付き合い、班だとか、組だとかも調べたほうがいいね。
 古民家に住みたいからって、昔からの集落に飛び込んでも、
 そういうのがめんどくさいところもある。
 好きだったり、平気な人はいいんだけど。
 
 個人的に思うのは、やっぱり周囲とかとは繋がりを持って、
 仲良くやったほうが安心。
 班とか組とかも入ったほうがいい。
 もっとも、僕の住んでいる清里は、
 開拓の歴史の町で、移住者がほとんど。
 全くめんどくさいことがないとは言えないけど、
 でも、そいう意味では楽だから言えること。

 
最後に総括ではないけど、全般に渡って言えることが一つ。

 移住を慌てて決める前に、それがたとえ別荘であっても、
 先輩たちの話を聞く、情報をもらう、
 それが何より大事だと思います。

 行きつけのお店を見つけて、そこで人脈を広げる。
 SNSなどでつながるなどでも全然いいですしね。
 中には変わった人もいるから、見極めは大事だけど。
 別荘ができたり、移住をしてからも、
 そういう人たちに相談できることはとても大きいんですよ。

う〜ん、思ってること全部は書けてないけど、
またこれも推敲していくかもしれないけど、
とりあえず、参考になればと思います。
役所の移住相談も、すべてを任せられない、
移住者の気持ちになれてないとこあるから。

"移住をするのに読んでおいた方がいいことまとめてみました。長いよ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント