清里で白樺の水

「白樺の水」とか、「白樺の樹液」とかって聞いたことあります?

そう春先のこの時期だけ、白樺が春に目覚めたかのように

たくさんの水を吸い上げる時にだけ採れる水です。

北欧などでは昔から知られていたとかで、

ほんの少しだけ甘みを感じることができます。

この甘みは天然のキシリトールだそうで、

体にも肌にもいい水として、最近話題になっています。


で、うちの小屋にも白樺があるんですが、

最近、鳥たちがある決まった場所で同じように

同じ枝をつつくような仕草をしているのに

気がつきました。

はじめは虫でもいるのかと思っていたんですけど、

近くによって見てみたら、枝についた傷から水が結構な

速さで湧き出てるんですね。

傷が何でできたものか分らないんですが、

この水が白樺の樹液、そう、白樺水なんですね。

指にとって舐めてみると、甘いんです。

とてもさわやかな感じの味でした。

鳥たちはちゃんと知ってるんですね。

そのためにむやみに木に傷をつけたりするのはよくないですけど、

機会があったらぜひお試しください。


画像


画像

"清里で白樺の水" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント