変わりゆく町

今日はお茶の水の眼科へ行ってきた。

と、言っても、どこかが悪いとかって言うんじゃなくて、

単にコンタクトを買いに行っただけなんだけどね。


お茶の水とか神田とか神保町とかに行くたびに思うのは

町がどんどんと姿を変えていくこと。

この日記でも何回も書いてるんだけどさ。


その眼科があるのも、駅前のビルの18F。

眺めがいい大きな窓をしつらえた待合室があったり

昔に比べたらずいぶんとモダン(笑)になったもんだ。


しかし、その窓から見える景色を見て、あれ?と思った。


画像




意外と眺めがよくないんだよね。

周りにも高いビルがたくさんあるからなんだけど。


画像



かつて、このニコライ堂ができた時には、これより高い建物なんてなくて、

それが駿河台の台地の中ほどにあるから

ニコライ堂の上からはそれこそ東京中が見渡せた、

なんて話も聞くけど、今ではこれだもんね。

隣のビルのガラスに飲み込まれてるし。


実は、僕のお袋は神田の育ちで、子供の頃からさんざん行ってた場所が

この神田や秋葉原にお茶の水。

もうすっかりその頃の面影はなくなってきていて、

正直悲しいよ。


明治大学出身の友人なんかも、趣のあった建物がなくなり

すっかりビルへと姿を変えた母校を見て、

全然、母校って気がしないし、愛着もわかない、

とか言ってたもんな。


秋葉のヤッチャバ(青果市場)がなくなってから、

電気街の一角以外も急に変って、

その流れって訳じゃないけど、

お茶の水方面も急に変わりだしたよね。



この眼科へ行く時は、必ずと言っていいほど、

帰りしなに神田の蕎麦屋「まつや」に立ち寄る。

今日ももちろん寄ったんだけど・・・


画像




画像




そういや神田藪って火事出しちゃったんだったよね。

まつやの方が好きだったから、数えるほどしか行った事なかったけど、

あの建物自体が取り壊されてしまうのはやっぱり寂しいね。

後ろのビルの壁の煤がなんだか痛々しい。

周りはビルばっかりになってきたし、

建て替えるならやっぱりビルになっちゃうのかな?

それもなんだかなぁ・・・だよね。



画像



これはやはりすぐ近くにある「竹むら」。

あげまんが美味しいので有名な甘味屋さん。

ここは変わらずにいてくれてるね。

まつやの帰りには、これも必ずと言っていいほど立ち寄って、

あげまんを買い求めて持ち帰りにしているんだ。


しかし、この竹むらもビルの中だね。

さっきの写真の場所で見上げて見れば・・・


画像




これだもの。

やだねぇ。


さっきも書いたけど、秋葉原駅もすっかり変わり昔の面影が失われている。

ちょっと怪しい(?)アキハバラデパートもなくなってしまったしね。

ちょっと暗い気持ちでホームへ上がると

変わらない物があった。



画像




これだけは僕の子供の頃から変わらない物だ。

ちょっとホッとしちゃうよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック