清里から花追い(王仁塚の一本桜編)

これも咲きの日記と同じ4月5日のお話。


眞原の桜並木を堪能したあと、

釜無川近くの前から気になっていたお店で昼食をとり、小休止。

そして、桜とは関係ない時期にもよく立ち寄る

秋月という和洋菓子舗でお気に入りや季節限定商品をゲット。

続いて、武川の直売所で買い物をし、

そして、次の桜に!


そう、王仁塚の一本桜。


実は、実相時と眞原でけっこう満足していた。

でもね、王仁塚は去年は確か行けなかったので、

今年は是非にも行きたかったんだよね。


ただ、心配だったのは、神代桜同様、結構前から

満開だ、見頃だって聞いていたし、

標高もさらに低いからもう駄目かと思っていたんだけど・・・



画像




ちゃんと待っててくれました。


相変わらず立派だし、堂々としている。

本当に待っててくれてありがとう、

心からそう思ったよ。


近くでよく見ると、確かに葉があちこちから出始めてはいたけど、

でも、普通に見てれば全然気にならないし、

十分見頃で、十分きれいだったよ。


画像





画像





画像





画像





いや、何よりよかったのはさ、

①平日だった(神代桜や眞原は混んでたけど)

②ネットなどで見頃は過ぎたと書かれていた

せいもあってか、いつもなら車も多く、人も多いはずなんだけど・・・


画像


ほぼ独占!



ゆっくりと桜と語らうことができましたさ。


ここも「塚」というくらいだから、やはり歴史というか、云い伝えのある場所。

そして、桜も見ごたえがある。

おすすめの場所のひとつです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山栗
2013年04月12日 17:59
王仁塚の桜、いつか見たいとおもっているまま、これまで行ったことが無いんですよ。樹齢300年と言われていいますね。そうか、平日の少し盛りが過ぎた頃がいいのかな。
エドヒガンザクラは銘木が多いですね。
2013年04月12日 22:34
一度は絶対に見てください、お勧めです。
でも、多分一度見たらまた見たくなると思いますけど(笑)
この日は本当に驚くくらい人がいなくてラッキーでした。

この記事へのトラックバック