市川の桜散歩

今日は休み。

都内をはじめ、この自宅周辺も桜が咲いて、

もはや今が盛り、場所によっては花びらが散り始めている。

そんな中で、じっとしていられるはずもなく、

ちょっと歩きたい気分でもあったので、

桜を見ながらの散歩に出かけた。


幸いな事に、自宅周辺には桜の名所とも言える場所が

意外に多い。


画像



まずは自宅の庭の桃の花。

桃と桜が同時に咲くなんてね。


続いては、


画像



画像



自宅近くの公園。

市内の桜マップにも載ってないようなそこらにある公園だけど、

実は桜がすごい。

ここには何年も、いや、子供の頃以来来てなかった。

子供の頃はそんなに桜も咲いてなかったけど。

同じ場所にブランコがあったりして、

このブランコに乗って高く高くこぎあった事なんかを不意に思いだした。


次はここ。


画像




画像




画像




画像




真間山弘法寺。

ここは樹齢400年とも言われる伏姫桜という枝垂れ桜とたくさんのソメイヨシノで有名なお寺。

小学校の帰り道に寄り道したり、遊びに来たりしてた場所。

今日もたくさんの人が来てた。



次はここ。


画像




画像




画像




手古奈霊堂。万葉集にも出てくる手古奈姫を祀っている所。

ここも小学校の通学路。

昔は境内に駄菓子屋があったり、紙芝居が来たり

子供の誘惑ゾーンだったな(笑)

昔は広く感じたんだけど、今見ると意外に小さい。

でも懐かしい場所。


次は・・・


画像



桜土手。

江戸川の支流真間川の脇を入った所にある桜の並木路。

小学校の帰りにも家と反対の方向なのによく通ったし、

中学高校の時もよく通った所。


普段車で通ったり、自転車で通ったりすると見逃していいたり、

気づかなかったりしている物も、

こうやって歩いてみると匂いやら音やらと合わせて感じられて

楽しいものだね。


子供の頃から住んで馴染んでいるところだけど、

最近では本来のいい所が次々に壊されて、

味気ないつまらない場所になってきている。

でも、こうして見ていると、

昔ながらの場所はそのつまらない町並みの中にも

残っていたりして、なかなか懐かしい気持ちになった散歩だったよ。



最後は、その我が町を大きく変えた象徴のような物体の

上にある展望台に立ち寄ってみたよ。


画像




高い建物って、まぁすごいもんだよね。

東京湾はもちろん、房総半島も見えるし、

距離的には近い所だけど、ディズニーランドなんかも

目の前に見えるし、

遠くは筑波山なんかも見えたりしてね。



春の散歩は、4キロくらいだったかな?

距離にしたらその程度だったけど、

いい気分転換にはなったかな。

明日から始まる怒涛の3週間の前の休みとしては

よかったんじゃないかな?




本当なら清里から行ける北杜市の桜をこんな風に見られたらいいんだけど。

今年は咲くのがいつもより早いし、

どれだけ見られる事やら・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック