もうすでに秋の空。そして、市川は梨の産地です。

今日休みで、午後から梨を買いに行ってきたよ。

そう僕の住んでいる千葉県市川市は、何を隠そう梨の産地。

知り合いに梨の農家はいないけど、

子供の頃から梨畑を近くに見て、

梨自身もけっこう身近に、というかよく食べていた記憶がある。


なんて書いててさ、気づいたら梨園(普通に「なしえん」て読んでね)の

写真とかなかった(^_^;)


梨畑がいっぱいある辺りは、中学や高校の頃自転車で走り回った地域で、

結構懐かしい。

実は梨を生産農家に買いに行ったのも久しぶりで、

付近の様子もいろいろと変わっていたのもビックリだったな。


そうそう、前にはなんかの施設だか工場だかがあった所に

新しくスーパーができてて、これにもビックリ。


画像




そのスーパーって、埼玉とかでは結構見かけるんだけど、

千葉では今まで見たことがなかったから余計に驚いたよ。

一緒にいた嫁の実家は埼玉で、よく利用してたから大興奮(笑)

まぁ、懐かしいよね、そういうのって。

なので、視察(?)を兼ねて入ってみたんだよ。


まぁ、普通のスーパーで、でも品揃えは豊富で結構面白かったよ。

中でも、野菜のコーナーに「地元市川の野菜」コーナーみたいのがあった。


画像



普段、北杜市とかでは、スーパーとかでもそういうコーナー

はよく見るし、直売所なんかもあちこちでよく見る。

でも、東京の植民地みたいな市川で、

高速道路を建設中で土地を買い上げたり、

畑を潰したり、高いマンションばかり建てて、

昔の良さを次々奪われていく故郷

でこういう動きがある事はなんだか嬉しかったよ。


市川だって、今でこそベッドタウンだなんだって言われてるけど、

ちょっと前はこんなんじゃなくて、

緑と自然が豊かな本当にいい所だったんだだよね。

そういう本来のその土地のいい所を無視して、

どんどんと「便利」にしていく今の日本。

そんな地元が最近ではあまり好きでなくなってたけど、

スーパーのこんな小さなコーナーでも、

こういう事をしてくれているのは

本当に嬉しかったな。


北杜市では、みんなにこんな思いはしてほしくないものだよね。



車で走っててもそうだったけど、

家に帰ってから少し外を歩いて、

気温があまり高くなく、

風が涼やかなのに気付いた。

空もなんだか高いし、雲の様子も少し前と違う。

そう、なんだか秋の気配すらしている。


玄関出た所でセミも死んでたしな。


暦の上ではもう秋。

自然は正直だよね。


画像



画像



思い返せば・・・

梨ってさ、山梨とかでいうところのブドウのようなイメージで、

なんとなくだけど夏の盛りを過ぎた頃のイメージがある。

もう夏も終わりなんだろうな・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック