テレビ東京『空から日本を見てみよう』は清里特集でした。#kiyosato

7月28日のテレビ東京『空から日本を見てみよう』

「清里八ヶ岳高原リゾート 発展の歴史」というテーマでした。

いやぁ、いい番組でした。

画像


確かに、時間の制限もあるし、細かくは流せないものもあったとは思います。

なので、ちょっと軽めの印象は否めませんでしたが。

まぁ、仕方ないのだと思います。

そいうことは、とりあえず考えないとして、普通に見て、

よく取材されて、頑張って作られたな、という感じ。


何より、清里の昔の映像や、写真がとにかく懐かしくて・・・


僕は清里に住んでいる訳ではないし、いまだかつて住んだことはないです。

でも、清里は子供のころから縁あって足を運んできた場所。

それこそ、初めて清里に行ったのは37年前で、

毎年行っていたし、今では週に一回は通っている場所。


そんな僕からしても、懐かしくて涙が出そうになるような

映像や写真でした。


実は、この番組のディレクターさんから少し前にメールをいただいていました。

70年代の清里ブームの頃の写真を探しているが、見つからず、

見つけたのが『清里日報』の「ぱや的 清里の歴史」に載っている写真とのこと。

画像


↑これです。

この写真は、実は昔の清泉寮のパンフレットの写真なんですね。

なので、その旨お話したら、清泉寮にも問い合わせをされたらしいんですが、

既に現物はなく、やはりどうしても、という話でした。

そういうことならば、僕は構いませんが・・・

ということで、ひとつだけお願いをしてみました。


それは、かつてブームがあったが、今は廃墟も多く衰退している、

では終わらせないでほしいということ。

是非、


今は恵まれた自然を生かした素敵な場所で、

昔とは違い、その良さに惹かれたくさんの移住者がいたり、

地場の物を生かしたレストランや工房などもできている、

自然の良さが分かる人、癒されたい人などが多く訪れている、


と、いうような締めにして欲しい、と、いうような事でした。


すると、メールのお返事は、


当番組をご覧になったのであれば分かると思うのですが、衰退して終わりという
のは、さすがにあまりにも当番組らしくありません。
オンエアー前なので詳しくは言えませんが、衰退の原因を究明したあと、ぱや様
のおっしゃるような感じで現在は大自然を満喫できる清里という流れでエンドロ
ールに入る構成になっております。

ぱや様の納得の行く内容であるかはオンエアーまで分かりませんが、最善を尽く
して清里のこれからの発展のために番組を作ろうと考えております。


と、いうようなものでした。


嬉しかったですよ。たかが写真1枚のために送ったメールで

面倒くさいことを言われてるのに、ちゃんと熱い思いで答えを返してくれる

のなんてね。


なので、期待して見ていたんですけど、期待は裏切られなかったかな?と

思いました。

いや、本当によくまとまっていましたね。


ただ一つ、清里が衰退した理由がコギャルブームだという点だけ除けば(-_-;)


確かに、女子が集まる所には男子も集まり、ブームとなるのは世の倣い。

コギャルたちには自然やアウトドアは見向きもされなかったし、

そのせいもあったとは思います。

ただ、ブームとコギャルの間には、あの事があるんですよね。

時間の関係なのか、政治力なのか、その辺に触れられていなかったのは

ちょっと・・・でした。


あと、やっぱり、「ミルク」と、「年下のあンちくしょう」は外しちゃいかんだろ?

なんても思いました。


でも、本当に面白かったですよ。

久しぶりにいい番組を見た気がしました。


ディレクターさんにも、ありがとう、って言いたい気持ちでした。


清里に早く帰りたい、そんな気にさせられましたよ。


清里は本当にいい所なんですよ~。

みんな清里に来ればいいのに、って思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

リッシュ
2012年12月30日 08:58
こんにちは。
初めまして。

私も清里に魅せられ今月思い切って移住してきたものです。
雲じいの番組でとりあげられていたのですね!
今度DVDないか調べて是非購入してみます。

個人的には今のさびしい感じと、こだわった人が集まってきている清里が好きです。
勝手ながらあまり人が沢山きてしまうのも嫌だなぁとは思いますが、駅前の空き店舗はどぎゃんかせんととは思います。

80年代の遺品を生かして何かそういった街を復興させられないでしょうかね。

この記事へのトラックバック