清里の冬の始まり

11月25、26日と連休が取れたので、

清里へ行ってきました。

前回から2週間ぶりくらい。

最近、以前ほど行けていないのがちょっと悲しい。


この間行った時は、


紅葉はすでに終わり、紅葉しているように見える木々の葉は、

近くで見ると枯れ葉になっている、


状態で、前の日記にもそんなことを書いたような気がする。


今回行ってみると、その枯れ葉すらない状態で、

落葉樹はすでに葉を落としていた。


小屋の周囲の木々は落葉樹が多いため、

この季節は今まで茂った葉で遮られた視界が

一気に開けることになる。

それにより、うちからは南アルプスの峰々が見渡せるようになるのだが、

これをもって冬の訪れを感じたりもする。



連休初日の25日は、朝から天気も良かった。

前から気になっていた、割り残した木の薪割りや、

雨どいの掃除などをしてから、買い物を兼ねて少しだけ出かけた。

何処に行っても、夏とは違う澄んだ空の下に、

山が大きくそびえていた。


子供の頃から見続けてきた山ではあるが、

それが当たり前のように目の前にあるのは

やはり、感じる物がある。


住んでしまうとこうは感じなくなるのかもしれないけれど、

あって普通に感じる生活、

それは羨ましいと思う。


画像


画像


画像


画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック