清里で春の幻

東京が妙にあったかくて、

仕事帰りにコートの前を開けて帰れるくらいだった昨日の夜

いつものように車で清里に向かった。

首都高や中央道はまぁ特に変わったこともなく、

いつものように長坂に着いた。


外気温は5℃。

暖かいけど、東京があの気温だし、これで清里まで標高を上げて行けば

2℃くらいまで下がるんだろうな、

なんて思っていたんだけど、そこから不思議なことが起きた。


長坂から大泉方面にひたすら坂を上って行く。

上がれば上がるほど、なぜだか気温が上がる・・・。


黄色い橋の手前の温度計も、なんと9℃!


さすがに小屋についての外気温は7℃くらいだったけど、

それでも長坂よりも高いなんて。

・・・。

今朝起きた時には、外は雨だった。

1月だよ?清里だよ??

これじゃスキー場も泣くよな。

この雨は、強くなったり、少し弱くなったりしながら、

結局夕方まで降り続いた。


空にこんなに水があるなんて・・・

普段なら、きっとこの雨は全部雪。

こんなに雪が降ったら大変なことになるよな、きっと。


そんな雨だったよ。

そして、春のように暖かくて。


雨がやんでからは、少し青空が顔を出し、

うっすらと赤く染まり、

猫バスが団体で暴走してるんじゃないかってくらい

強い風が吹き荒れ、

少し風が落ち着いたと思ったら、

気温はあっと言う間に氷点下になってた。


やっと普通の清里に戻った感じ。

それでも、まだあったかいんだけどね。


それにしても、不思議な一日だったなぁ。


風が雲吹き飛ばしたせいか、

自宅へ戻る少し前からは、空にはたくさんの星が浮かんでたよ。


今度清里へ来る時は、どんな顔を見せてくれるんだろ。


画像


画像


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もくれん
2010年01月25日 15:50
この雨の日、夕方お客様をお見送りに店の外に少し後ろを着いて行ったら、デッキがアッという間に凍っているところを踏んでしまいまして。私だけ滑って転んでしまいました。
私が唐突に姿を消し、振り向くと正座をしていたので お客さんもビックリ。よくご利用いただいている方なので、ものすごい恥ずかしいです。お客さんは川上の人だし、雪や凍結慣れしているだろうけど、私だってもう7回も清里の冬を越えて来たけど。まだ甘いですね。
雨だからまだ大丈夫だと思って油断していました。急に気温が下がって凍るなんてヒドイと逆ギレしそうになりました。
それにしても1月にあんなに雨が降るなんて、やっぱり異常なことですよね。
この 前の、空のハート、かわいいですね。
2010年01月26日 14:55
ありゃりゃ、お怪我はなかったですか??
そうなんですよね、あの雨の降った日、
夕方からは急に冷え込んで零下になったんですけど、
雨が水たまりになってた所もしっかり凍ってましたもん。
本当にあの日はビックリしましたよ。
残ってた雪が溶けかかって、それが凍って、道路も
ひどい状態でしたもんね。
次は2月に入ってから清里へ向かいます。

この記事へのトラックバック