星の町 清里

仕事やら家の事やらなんだかんだと清里に行けないでいる

今日この頃です。


清里に行きたい・・・

山が見たい・・・


なんだかもう、フランクフルトに行かされたハイジか、

高村光太郎のもとに嫁いだ智恵子のような心境です。


ま、でも、世間はもうお盆休みの時期だし、こんな時は休みも欲しくないし、

どこにも行きたくないです。

人ゴミや渋滞なんてクソ喰らえ!と思ってるぱやです。

画像


さて、ニュースとしてはもう古いものになってしまいますが、

今をさかのぼる事1か月ほど前の7月7日に、「清里星の街」が宣言されたんですよ。

「観光資源としての"星空"を強くアピールし、幅広い層のお客様に
星空のきれいな清里でのスティをもっと楽しんでいただけるよう、
環境づくりを進めていくものです。」

だそうです。

このブログでも何回も書いていますが、

野辺山に国立の宇宙電波観測所があることからも分かるように、清里は確かに星がきれいです。

子供のころに清里の星空を見て、どんどん増えてくる星の数に

怖い気持ちすらしたのを覚えています。

実際、その辺で普通に売っている星座の本とかと星空を見比べると

本に出ていない星がいっぱいあって、どれが星座なのか分からないくらいです。

なので、町として星を打ち出すのはアリだとは思います。


さて、その清里では、上の写真にもあるように、今年で19回を迎える

スターフェスティバルか開催されます。

8月22日ですね。

19回もやってるんですね。知らなかった。

20年近く前から星についての打ち出しをやっていたんですね。

それが何でいまさら星の街宣言なんだろ??


実際に星はきれいだし、いいとは思うんだけどさ、

宣言はしたけど・・・にはならないようにしないとね。

ちゃんと町をあげて、みんなで協力して何かをしないとね。

そうじゃないと有形無実なものになっちゃうし。


たとえばさ、有名な星の先生とか呼んでイベントをやるとか、

野辺山の電波観測所と何かするとか、

流星群の時に観測会をやるとか、

ついでに、もうあちこちでやってるけど、電気を消してキャンドルナイトもやっちゃうとか、

星空の下でのアコースティックライブをやるとか、

イベントの時は、清里のいろんなお店は星イベントのパラペットとか、

フラッグとかをつけるとか。


別に振興会に属する人がみんな星座に詳しかったり、

星の説明を出来る必要はないんだからさ。


始めた以上は何かをちゃんとやってほしいよね。

ただし、的外れなひとりよがりなものじゃなくね。

ひとりよがりなことをよくマスターベーションに例えるけど、

清里にそれは、やってる人たちも気持ち良くなさそうだしね。

やってる人が楽しくないものは、来る人だって楽しくない。

ちゃんと来る人が何を求めてるか、を分かった上でやらないとだよ。

正しい方向をみんなでむいてね。

もういいじゃん、何を言っても文句ばかり言ってる人はやらなくていいですって言ってさ、

気持ちのある人間だけでやれば。


ついでに言えば、星空は無限の資源ではないという事。

自然が失われた場所では、今の清里では当たり前にある星空も見えない事を

知っていてほしい。

それを守るためにはどうすればいいのか、ということを考えてほしいし、

またそれは、星の街宣言をした清里のやらなくてはいけいことだと思うよ。

清里は、東京のような便利な生活、町、を求めてる人がたまにいるけど、

そこには星空はないんだからさ。


これを読んでいる方で、清里に来た事ない方、清里の星空は本当にきれいですよ。

特にこれからの秋から冬の季節は本当にびっくりするくらいきれいです。

もちろん、今の夏の季節だって都会からすれば異次元の物ですけど。

一見の価値ありです。ぜひ、足を運んでみてください。



でもさ、「星の」じゃないよね。

清里なんだし。「」だよな。





↓星座を見るなら必要だよね。


VIXEN・星座早見盤
さかいや・オンラインショップ
昔から愛用されている、紙製の手軽な星座早見盤です。全天の4等星までが表示されています。場所と月日時刻


楽天市場 by ウェブリブログ




↓この本子供のころにもらって大好きでした。今でも持ってます。



星座を見つけよう
楽天ブックス
福音館の科学の本 著者:H.A.レイ/草下英明出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:72p発行年月



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック