清里の4月

4月1日、仕事が終わってから、

いつものように清里に向かった。

東京では朝雨が降り、上ったものの、夕方また雨が降ったものの、

車を出した頃にはすっかり止んでいた。

それがしばらく走っていると、ポツポツ降り出した雨が

次第に本格的な雨となり、

場所によってはスピードを緩めないと、視界がかなり悪くなる

と、いうような降りとなった。

そんな雨も中央道の笹子トンネルを抜けてしまうと、

路面も濡れていない、というような状況。


長坂インターを降りる少し前から、わずかな雨が降りだしたけれど。


さて、気温は自宅が10℃。

元有料道路の黄色い橋を長坂方面から渡る直前が0℃といった具合。


そして、黄色い橋を渡り終わる頃には、雪が舞い始め、

路面も真っ白になった。

あくまでも表面に雪がのった、うっすら、というくらいだけど。

気温もそんな感じなので、翌朝もしっかり雪は残っていましたね。

もちろん、昼間の太陽ですっかり消えてしまいましたけど。


4月でも氷点下になり、雪まで降る清里ですが、

動物や鳥たちはしっかりと春の訪れを感じ、

動きも活発になってきたようです。


うちの小屋のまわりにやってくる鳥たちも、

数はもちろん、その種類も冬の間と比べるとかなり増えてきました。

シジュウカラ、コガラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、シメ、

アカゲラ、コゲラ、ツグミ、アトリ、モズ・・・

名前がわからないのも入れるともっといますね。


そんな4月の清里でした。



下の方では桜も見ごろ、清里近辺でも間もなく見ごろを迎えます。

桜には限りませんけど、この季節、清里を訪れる方はまだまだ冬支度を忘れずに。

特に車で行く方は、タイヤの冬装備をしっかりとされた方がいいですよ。

日や時間や場所によっては、ゴールデンウィークくらいまでは雪も降りますし、

凍結した路面もありますから。


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック