清里でスキー

昨日の夜、友人を一人引き連れて清里へやってきた。

約2週間ぶりの清里だ。

今回のテーマはスキー。

前の日記にも書いたけれど、スキーをするつもりで道具は持ってきているものの、

今シーズンはまだ一回も滑っていない。

なので、今回はスキー好きの友人を連れてきて、スキーをしようというもの。


今日は天気もよくスキー日和。

前に来ていた時に雪が降って以来、大した雪も降らず、気温も高めのせいで、

あたり一面雪だらけだったのが嘘のように、

周りにはかすかに残っている以外雪はどこにも見えない。

しかし、人工降雪機を使ったスキー場は、さすがに雪がいっぱいだ。←当たり前だけど。


今日は旗日ということもあって、さすがに人も多く、特に子供連れの姿が多くみられた。

僕がいつも行っているサンメドウズ

今月いっぱいはスキーのみ滑走化、となっていて、スノーボードがいないのも

大きな理由の一つだと思う。


八ヶ岳を見ながらリフトで上がったり、ゲレンデの最高部標高1900メートルからの眺めもきれいだったり、

そして、もちろん、一年ぶりのスキーもそれも楽しかった。


しかし、僕の板も友人の板もそれこそ20年くらい前のもの。

スキー場で見ると、最近の板より長い長い。

かなり目立っちゃいますね。


帰りに清泉寮のパン工房に寄ってきた。

観光振興会がやっている、朝10時の気温が-5℃以下ならば参加店お勧めの一品が

50%割引になり、5~-5℃なら30パーセント割引になる「寒いほどお得フェア」の

対象になっているけど、今年は暖かいのであまり50パーセントになる日はなかったようだね。

今日も、30パーセント割引。

それでも、美味しいものが少しでも安く買えるのはありがたいことである。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



この記事へのコメント

ばば
2009年02月14日 14:05
昔のスキーの板は長いし・・・私めの時代は最初に買ったのがヒッコリーとかいう木の板だったような。
2009年02月14日 22:34
木の板の時代ありましたねぇ。
と、言っても、さすがに僕は使ったことはありませんが・・・(^_^;)
でも、スキーはやっぱり気持ちいいですね。

この記事へのトラックバック