清里でありがたいこと

うちの小屋は、前から書いている通り薪ストーブで暖をとってます。

薪ストーブはいいですよ。

環境問題やら、癒しやらで最近はそのユーザーも増えてるみたいです。

ただ一つの問題は薪の調達なのかもしれないですね。

薪自身を手に入れることももちろんですが、
いかに安く手に入れるか、これがユーザーの課題だと思います。
ホームセンターなどでも売ってますけど、とにかく高い。

と、なると安いお店をネットや口コミで探すとか、
間伐等で出た原木をもらったり、安く分けてもらったり。
原木ならもちろん、玉切り、薪割が必須ですしね。

ユーザーが増えたら増えたでまた大変だったりしますね。

今回は清里の友人情報で、個人のお宅で不要になった薪を格安で
分けていただけるというので、その友人と、友人の軽トラで
出かけてきました。

薪を分けていただけたこと、その情報をくれた友人ともに感謝です。

それにしても、薪などに触っていることや、それを運んだり下ろしたりの作業、
気持ちいいですね。

最近は清里に来ても、雪のせいで薪割をすることもできないから、
運動不足になってるのかな??

写真はうちの今の薪のストックです。
後ろの見えないところにもう一山隠れてます。

青いシートをかぶっているのと、小屋の中のがすぐに使える薪。
むき出しのが去年末に薪割りしたもので、針葉樹なので雨ざらしにして
ヤニを抜いているものです。
使えるのは来年かなぁ・・・・?

うちはまだまだ少ないですけど、薪がたくさんあると、ホッとするというか、
気持ちにゆとりができるから不思議ですね。

画像





この記事へのコメント

ばば
2009年01月27日 21:49
薪を手に入れるのも大変だけれど、手に入ったからといってすぐ使えるとは限らない・・・うーん、準備するにも計画を立てなくてはいけないし、怠け者には向かない暮らし。冬を前にして、軒下に薪がきれいに積みあがるとほっとしてうれしくなると誰かの本で読みました。ほんとにそうなんですね。
shappy
2009年01月27日 21:51
いいな、イイナ♪
薪銀行の貯金がたくさん増えて。。。
うちは節約せつやくで使っています。。。
2009年01月27日 23:00
ばばさん、普通に自宅で薪ストーブを使っている人は再来年の薪くらいまで確保してないと不安だと言います。その辺に生えてる木を片っ端から切っていいものではないし、切ったところですぐに使えない、そんな訳もあってか、薪が積みあがってるのは安心でもあり、喜びでもあるんですよね。

shappyさん、うちの小屋は薪ストーブが唯一の暖房なので、節約したくてもできないのが現状です。
薪集めは結構必死です(笑)
東に間伐した木があると聞けばチェーンソーを持って駆けつけ、西に安い薪があると聞けば軽トラで走り・・・
みたいな感じです。
ばば
2009年01月27日 23:22
鼻息荒く、チェーンソーを握り、軽トラを運転するねじり鉢巻、長靴のぱやさんを想像してしまって思わずふきだしましたよ。

この記事へのトラックバック