東京の自然

今日は会社の関係の結婚式で代官山に行ってきた。

今でこそおしゃれな町になっている代官山だが、

こんなことを書くとオッサンみたいだけど、

昔はなんにもない、住んでる人以外わざわざ下りるような

駅でも街でもなかったよね。

でも、まぁ、逆にそんな街だから、

今でも結構森(?)やら木々やらが残っている。

人工的な街に木々を植えるのではなく、

(それはそれで大事だよ)

もともとあった木や森を残しつつ、そこに共存する形で

街を作る。

これは素敵なことだよな、なんて思った。

東京といえども、今でも昔からの自然が残っている所

あるんだよね。

清里の自然も素敵だけど、

実はそれに負けないくらいの自然があったりする。

そういうのに気付くこと、そして、共存すること

そんな事が実は一番大事なのかもしれないよね。

東京といえども、あくまでも自然があり、鳥や動物がいて、

人はそこに住まわせてもらってる、お邪魔させてもらってる、

それを忘れちゃいけないんだよね。

ミシュランで2つ星をもらったっていうレストランでの結婚式。

挙式の最中もチャペルの向こうに見える木々の間を飛び交う

鳥たちを目で追っていたオイラでした(笑)

飯はさすがに美味かったですよ。
画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ばば
2009年01月18日 00:34
残念、今日は代官山ですか。清里ニュースが読めるかと・・・。にぎやかな街にも自然は残っていますよね。
こちらは目白の芭蕉庵に行ってきました。そんなに広くはない庭ですがもっさりと木が茂り鳥たちが飛び交い、鳴き交わし、それを長いこと見上げていたら自分も自然の一部になったような気がしました。
2009年01月18日 23:10
はい、今回は東京でした(^^ゞ
うまく言えないんですけど・・・

清里の自然は素敵で、清里はとてもいい所です。

清里好きにはもっと、清里好きになってほしいし、
清里をまだ知らない人には、清里を知って欲しい、

そんな気持ちでHPやブログをやっています。
やっているうちに、身近な自然というのも
忘れてはいけないんだな、
みたいなことを感じ始めました。

身近や日常に実は癒されるような自然が
あったり、物があることも知って欲しくなって
きました。

もちろん、清里主動でいきますが、これからも
気になったものや身近なものも書いていくと思
います。

次の清里は22日くらいになる予定です。
どんなことを書けるか分かりませんが、
楽しみにしててくださいね。
ばば
2009年01月19日 19:26
「身近や日常に実は・・・」っていう感じ分かる気がします。旅行は日帰りも含めても年に10回も行かない(行けない?)くらいですから、以前は「高原」とか「田舎暮らし」とか言う言葉には異常にあこがれていました。別荘を持ってるなんて人には「うらやましい」を超えて「ずるい」なんて見当はずれの腹立ちを・・・笑ってやってください。でも年とともにそういう感情もなくなりまして、本当ですよ、身近な世界でも十分に心は満たされるんだということに漸く気付くことができました。朝の出勤時に通るビルの谷間の小さな公園にも季節ごとの楽しい変化はあるし、帰宅時に見上げる空はそれぞれの季節の色があるし。好きな音楽を聴きながら歩いているととてもうれしくなって、いろんなことに、いろんなものに感謝!って思います。なんですが、やはり清里ニュースは楽しみであります、ハイ。
ばば
2009年01月19日 19:59
読み返して、コメントというより作文になってました、すみません。以後気を付けます。
2009年01月19日 21:27
いえいえ、読んでてすごく嬉しくなりました。

まさにこのブログですよね(笑)
清里と、通勤途中や自宅周辺での癒し・・とか。
このブログには「その他」の項目もありますが。

これからも清里で見たもの感じたことをかいていきますので
遊びにいらしてください。
なんと言っても、ここは「清里日報」の中のブログですから(笑)

この記事へのトラックバック