清里にて思うこと


画像


テレビというものは、
面白いことやら、ためになる情報など
多くのものを与えてくれる物。

しかし、それらを与えてくれる代わりに
僕らの時間を奪っていく。

僕が思うには、有益なものを与えてくれる
代償が時間なのではないかと思う。

そして、有益だと思っている物の中には
実は不要な物も多く混ざっているような気がする。

テレビが生活の中で無くてはならない物となり、
あって当たり前の物となった。
ついにはあればつけるのが当たり前くらいにまでなった。

そこで、テレビは当然のように僕らの時間を奪っていっている。

日常ならまだいいのかもしれないけれど、
清里に来た時くらいテレビをやめてみようと思う。
まぁ、今は見たくても、テレビがあるのに写らない現状もあるのだが・・・。

テレビを見るのをやめる代わりに、きっと大きな価値のある時間が手に入る。

音楽を聴くのもいい。

本を読むのもいい。

風の音や、雨の音、虫の声など自然の音に耳を傾けたり、

瞑想してみるのもいいかもしれない。

明るい電気が夜中でも煌々とついていて、
明るいけど、星が見えないのが代償のようなものかもしれない。
電気を消すと今まで忘れていた星空が広がるように、
テレビをやめることで、今まで当然のように奪われていた時間が
自分達に返ってくる。
目の前に新しい世界が広がる。

そして、今まで忘れていた何かを見つけるための時間もやってくるかもしれない。


ちなみに写真はうちの小屋の近くにあったヤマウルシです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック