今季最終生観戦



画像


今日は神宮球場で行われた、ヤクルト-阪神戦を見に行ってきました。

先日、雨で流れた試合の振り替えだったのですが、たまたま休みだったので、
じゃぁ、行ってみるか?みたいな感じで参戦しました。
最近はロッテばかりで阪神ファンというよりは、阪神好きみたいな感じになってはいましたが、
行ってみればやはり面白かったですよ。
たまにはセリーグもいいかな?みたいなね。

選手も懐かしい顔ばかりだし。


画像


この試合は、ヤクルトも阪神も今季の最終戦だったのですが、
金本選手の100打点まであと4点とか、


画像



井川投手の奪三振王まであと10個など個人の記録もかかった試合でした。
おまけに井川投手は「来年はメジャー」なんて噂もあるので、
見納めになるかもしれない、っていう気持ちもあったんですね。

ついでに言うなら、ヤクルトでも見納めかも?という選手がいるので、
見たかったんですね。


画像


画像


試合は3-0で阪神の勝利!
井川投手の被安打6ながら完封試合という見ていて楽しい試合でした。


画像


結果的には、金本選手は3回くらいチャンスがあったにもかかわらず2打点足らずでしたが、

画像


井川投手はきっかり9裏の最終バッターから10個目の三振を取り奪三振王を奪い取りました。

画像



井川投手の三振の数を数えながらのドキドキの試合でしたが、楽しかったですよ。
今年は優勝こそできなかったものの、最後のほうは本当に良く頑張ったと思うしね。

中日が優勝したときの落合監督のインタビューで、阪神の猛追がかなりのプレッシャー
だったようなことも言ってたし、球児が泣いて以降の阪神は両手ばなしで誉めてあげます。


画像



俺の桧山を使えばもっと誉めてあげたのに・・・岡田のアフォ~!!

来年桧山が一塁側のベンチに座ってたりしないだろうな?!とか思っちゃいましたよ。


前述したように、今日はヤクルトも最終戦。試合後はセレモニーがありました。

画像


古田兼任監督は、今年は怪我のせいもありあまり試合には出なかったけれど、
本当にいい選手だし、来年はもっと試合での活躍を見たいものです。
今まで選手として属してたチームでそのまま監督になったとはいえ、
初年度にAクラス3位はいい成績なんじゃないですか?

かつて、某讀賣の現監督が初めて監督になったときは、優勝はしましたが、
結局、その前監督やらオーナーがかき集めた選手が活躍しただけでしたもんね。



で、野球好きでミーハーなオイラは、今日の帰りにこんなTシャツを買って帰りました(笑)

(表)
画像


(裏)
画像


気に入りました。普段着て街を徘徊します。


そして、神宮での楽しみは、放送席が近いこと。CSのフジテレビ739では、アイドルの磯山さやかさんが、
ヤクルトの公式マネージャーとして放送に参加してますが、
これまたすぐ近くで見られるんですよね。

画像



最後までミーハーなオイラでした。

神宮でのセリーグ開幕(ヤクルト-阪神)に始まり、マリスタでのロッテ戦17試合(うち対阪神は1)を
見て、今日の神宮で今年の野球観戦は終わりました。

本当に寂しくなりますね。その分、来年がまた楽しみではあるんですけど。

あ~、早く開幕しないかなぁ・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はまちょび
2006年10月18日 09:15
最終戦観戦乙~(^-^) はまちょびは仕事の都合で野宿ちうでして、ケイタイの実況板をずう~っと見てますた。 イガワの9回3三振はカコヨカタ。 でね、いっつもボロクソ書く実況のヒトが「結局イガワは今年も14勝もしてくれた・・・おまいら、わかってるのか、来季のこと」ってしんみりしてんですよね。  いなくなってわかる寂しさってやつか・・・。  うーん、みんなやっぱやきう好きなんやねえ、なんて思いながらシュラフにもぐりこんだです(uu)..Zzz   
ぱや
2006年10月18日 23:25
確かに開幕試合を神宮で見た時の井川は、ゴラァ!お前はエースやろっ!!
ってな感じでしたが、最後の方の何試合かは井川らしいピッチングでしたし、
確かに星数的には結果を残したんですよね。
特に甲子園での登板の後の涙(こいつも泣いた)はちょっと感動でした。
その井川が来年いなくなるとすると・・・まぁ、球団も星数で計算ができるような
補強がなければ、ポスティングもOKはしないと思うんですけど・・・

一方で岡田に使われない桧山を憂えんだりもしながら、浜中の守備が
うまくなってるのに気づいたり、う~ん、まぁ、いろんな意味で
今後が楽しみな阪神ではありますね。

この記事へのトラックバック