「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から海野宿へ

<<   作成日時 : 2014/05/22 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連休の時の恒例は、清里を足掛かりに、

ちょっと足を延ばした場所に行くこと。


今回は、上田と海野宿。


上田には、今までに何度も行っている。

大体の所は行っているけれど、

何故か今までずっと行けなかった場所が

池波正太郎太平記館。

行くたびに休みだったりとかでちょっと縁がなかったので、

今回はなんとしても行ってみたかったんだよね。


とりあえず、池波ファン、真田太平記ファンとしては満足だったな。



画像




そして、今回のメインなのが、海野宿。

海野宿は、北国街道の宿場町。



画像





一つは、善光寺参りのため、

もう一つは、佐渡の金を運ぶために整備された街道で

中山道につながっているもの。


昔ながらの建物が連なる町並みに、

街道筋が整備されている。



画像




江戸時代はその宿場町として、

明治に入ってからは、宿場町としての役割を終える。

富国強兵策、殖産興業のために各戸は養蚕業へと姿を変え、

その歴史は家の屋根につけられた、養蚕農家特有の

気抜き(子屋根・越屋根)として残る。



画像





また、江戸時代からの本うだつ、明治の袖うだつ、出桁、

そして、独特の海野格子なども残り、見ていて飽きない。



画像




画像



街道筋の家々は、今も普通の住宅として使われているらしい。

ところどころ、観光施設や、新しいお店として使われている所も

あるけれど、行ったのは平日なのであまり開いてはいなかった。


それでも、昔ながらの歴史的建造物が今も使われて、

町並みごと保存されているこの場所は、

本当にタイムスリップしたかのような気がする素敵なところだと思った。



画像





画像





画像





城下町としても上田にしても、宿場町としての海野宿にしても、

歴史の流れを感じられる素敵な町だね。


清里からも、下道でのんびり走っても、途中でいろいろ立ち寄っても、

日帰りするには十分な場所なので、

こんな休日の過ごし方もありだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から海野宿へ 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる