「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から高遠城址公園の桜を見に行って来た

<<   作成日時 : 2014/04/15 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

高遠城って知ってます?


今は城址となり、公園となっていますが、

かつての戦国時代、武田信玄が存命だった頃、

上洛のために、そして、織田信長への布石のために、

伊那への侵攻の重要な拠点となっていたのが

高遠城です。


かの池波正太郎の『真田太平記』の冒頭に出てくる

向井佐平次が翌日の戦いを待つ、

また、戦いの後お江に救い出されて上田に向かうまでの

舞台となるのがこの高遠城。


結果、織田の進行を食い止められず高遠城は落ち、

それから間もなくして、武田勝頼は自害し武田家は終焉を迎える

こととなるというもの。


もちろん現在では、日本有数の桜の名所として有名な場所で、

そういう意味でも行ってみたい場所であると同時に、

武田ファン、真田ファンとしても訪れたい場所である訳です。



画像

二の丸の堀には石垣ものこります。




と、いう訳で、高遠の桜を見に行ってきました。

高遠は長野県の伊那市。

清里からだと、渋滞がなければ1時間半ちょっともあれば着く場所です。


いやぁ、いろんな意味ですごかったです。

高遠城って、知らなかったけど、山城だったんですね。

素敵な城下町を通り過ぎると、

見上げるばかりの山があり、

そこが高遠城。


そして、さすがは日本有数の桜の名所。

すごい人の数、車の数、バスの数・・・そして、桜の数。


城のあった山がね、もうピンクなんですよ。

平日にもかかわらず人もいっぱいで、それも驚いたけど、

ほんと、桜の密度って言うのかな?

とにかく生えてる木が全部桜なんじゃないかって言うくらい

あたり一面桜だらけ。


だからこそ、やっぱりここでは、桜の保護や育成にかなり努力を

されているようですが。


ここはとにかくすごい。

桜の時期ももちろんですけど、桜シーズンでないときに、

ぜひ城下町を含めてまた行ってみたいと思わせる場所でした。



画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から高遠城址公園の桜を見に行って来た 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる