「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里の冬と春のはざまで

<<   作成日時 : 2014/04/01 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

会社の同期で仲のいいやつがいる。

清里にも何度も連れて来ているんだけどね。

その彼が言うには、学生時代から通算して、

20数シーズン連続してスキーを毎年してきている、とか。

思い返せば、かく言う僕だってそうなんだけど。


本当はさ、この冬真っ盛りの2月の半ば、

一緒にあわせて連休を取り、

清里でスキーを含めた休日を過ごす予定だったんだよね。

それが、ご存知のように、その連休に合わせるかのように

バレンタイン大雪。

清里どころか、山梨県に足を踏み入れることもままならず、

そのスキー旅行はお流れとなったんだ。


僕のほうは、この日記でも書いているように、

今シーズンすでに何度もスキーをしているので、

その「連続記録」とやらは更新されているけれど、

友人は未達成。


その記録更新のため、って訳だけではないけど、

件の友人を連れて清里へ帰ってきた。


まぁ、スキーの話はいいね。

サンメドウズで、春の重い雪の上でとりあえず記録更新のために

滑ったくらいだから。


実はさ、その友人は、何度も清里へ来ているのに、

春の桜の季節に来たことがなく、

北杜市に素敵な桜がたくさんあることも知らなかったんだよね。

なので、まだ咲いていないのは知っていたけど、

とりあえず、つぼみが膨らんできている桜の名所を

連れまわしてみたんだ。



画像



この写真は、うちの小屋のアブラチャンなんだけど、

花芽はついているものの、まだ硬い様子。

それだけまだ春になっていないんだよね。

だから、小屋より標高が低いとはいえ、

桜もまだその時期を迎えていない、はず。



最初に行ったのは神代桜。

つぼみがいい感じに膨らんできているって聞いていたのと、

その友人に、まずはこれを見せたかったからね。


画像



まだ、咲いていない・・・

ん?

よく見ると・・・



画像




画像




一枝に一輪、二輪・・・咲いているじゃない?

ほころびはじめってやつだね。



でもさ、不思議なものなんだけど、

満開の桜は、もちろん、それはそれで素敵なもの。

あの綺麗さ、雄大さなんかはまさにこの世の春。


なんだけど、この咲く直前の桜っていうのもいいんだよ。

これから一気呵成に花を咲かせるための

エネルギーを、あふれる寸前まで幹の中に充満させている、

そんな不思議なパワーみたいのが伝わってくるんだ。


それは友人も感じたらしく、

あくまでも咲く前の桜なんだけど、

すごく感動してくれてた。

僕自身も、この桜をこの時期に見られたこと

すごく貴重だったな、と思えたもの。


ちなみに、

本当はこれが開花で、本来なら開花宣言するところだけど、

宣言すると観光客が押し寄せるので、

あまり花の数が少ないと・・・

との思いから、宣言は明日にする、なんて話も現地で耳にしたよ。

観光地ならではの気遣いなんだね。



さて、ここからすぐ近くの眞原の桜並木はまだ硬そうなつぼみ。


画像

花がなくても楽しめる構図で撮ってみた。




清春の桜もまだまだな感じだった。


画像

こちらも桜なしで・・・




北杜の桜はこれからです。

標高のおかげで長いシーズン楽しめます。


今回は、友人も濃厚な二日間を楽しんでくれたみたいだし、

実に楽しかったよ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里の冬と春のはざまで 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる