「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS のんびり清里A (清里から松代へ)

<<   作成日時 : 2013/10/28 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連休初日。


いつもなら朝はゆっくり起きて、

小屋周りの事をやったり、連休中に必要な買い物を

済ませたりしてすごす。

たいてい前日まで働いてて、疲れてもいるからね。


でも、今日は違う。

初日からいきなり信州松代へお出かけ。


朝起きた時、小屋の周りの景色の色が、

紅葉でびっくりするほど変わっていて、

後ろ髪を引かれなくはなかったけど、

でも、松代へ。



写真こそ撮らなかったけど、

小渕沢まで横断道を使って行って、

紅葉している景色は存分に堪能しながらだけどね。


実は松代は前から行きたかった所。


元々は海津城と呼ばれ、川中島の戦いにむけて

武田信玄が山本勘助に建てさせたとも伝えられる城。

江戸時代に入り、上田から移封された真田信之が領主となり

名前も松代に改め、そこから明治に入るまで

数えて真田家10代が治めた場所。

素晴らしい治世で城下を作り、

民百姓にもとても慕われたという信之が作った城下町も

すごく素敵だと言われている。


これは行くしかないでしょ?



なんで今日かと言えば、実は訳があって、

松代にある真田宝物館が火曜日がお休み、

水木と松代まで出かけられない用事があるので、

今日しかないでしょ、ということになったから。



松代は長野インターを降りて本当にすぐ横。

今まで何回も通ってる場所なのに

なぜ行かなかったのか、自分でも不思議でならない(^^ゞ


最初に行ったのは、去年の4月に廃線となった長野電鉄矢代線の松代駅。

廃線の駅なので廃駅だけど、

昔ながらの趣のある駅。

今でもバスを待つ人などに使われているけれど、

今までも長い間多くの人がここを利用し、

通り過ぎて行ったと思うとしみじみしてしまう。

いろんなドラマがあったんだと思うじゃない?


画像



画像



画像




町並みも新しい建物ももちろん建ってはいるけど、

昔の町割りのまま道は残り、

昔の建物、昔ながらの建物が並び、

当時を思いこさせるには十分な雰囲気。

お城が城址のせいか、

上田のように派手な合戦があった場所でもないせいか、

多くの観光客は見られるものの、

とても静かな町で気持ちがいい。


画像




画像




画像




画像




画像




ここでは、細かく書くと収拾がつかなくなるので省くけど、

昔の上級武士、中級武士、真田邸など見学できる建物も

多く残されている。

古民家的な要素も見ていて面白い。

とりあえず、写真では屋根の瓦、特に鬼瓦や鳥衾などを載せてみる。


画像




画像




画像




画像




さて、メインともいえる松代城址。

今は堀や橋、石垣などがあるだけだけれど、

周囲にあまり高い建物が建っていないせいで

そこに城が建っている様相を想像するだけでも、

当時に城の見え方や存在感がわかるような気がした。

画像




画像




画像




画像




画像




画像




すぐ近くに山々が見える立地で、

その下に城下町は広がる。

城からはそれが一望にできるのは今も昔もきっと変わらない。

そして、城から見る山の形も、

往時と今とそれほどの違いはないだろう。


画像



こんなような山に沈む夕日なども、

もしかしたら信之も城から眺めていたのかもしれない。




帰り際に、川中島の合戦場跡へ立ち寄りました。

ここも何度も通ってる場所なんだけど、

改めて言ってみて気づいたのは松代から車で20分もかからない距離。

信玄が川中島での戦いのための要所としたのも

よく分りました。


画像




いや、でもさ、本当に楽しかった。

歩いてまわったけど、気持ちのいい町で、町全部が博物館みたいだしね。

また立ち寄ってみたいと思わせる場所です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
のんびり清里A (清里から松代へ) 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる