「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月19日と20日の清里。

<<   作成日時 : 2013/06/19 23:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

いつものように仕事が終わってから清里へ向かう。


東京はあくまでも東京らしく蒸し暑く、

車で隅田川を渡る時の温度は27℃だった。

この先もっとひどくなるのだろうけれど、

この蒸し暑さは、他から来る人間を寄せ付けないとも

思えるほど、ある種の東京の矜持のようにも思える。


清里に着いてみれば、Tシャツ1枚じゃ肌寒いくらいの気温。

国道を上がってきたときはなんでもなかったのに、

清里に着き、牧場通りを上がってくるうちに、

辺りはみるみるうちに深い靄に包まれていった。


涼しいのはいいんだけど、東京とは違うその湿度は

冷たくて、体を冷やすような感じ。


一晩明けた清里は、決して真黒な雲に覆われている訳ではなかったのに、

近づいている台風の影響もあってか、

小雨が静かに強い雨に変わったり、強い風が吹いたりと

目まぐるしく変わった。


画像



いつもなら小屋の正面に見えるはずの富士山も雲の向こう。

なんて思ってたら、雨が止んで、雲の切れ間から日が差したりして・・・

不思議な天気。さすがは山の天気?という感じ。


そして、富士山も顔を出してくれる。


画像




多分さ、下界から山を見上げれば、途中からは雲に覆われて見えない状況で、

おそらく僕らはその雲の中にいるんだよね。


まぁ、梅雨だからさ、こんな天気も仕方ないと思う。

初めて観光で訪れて、この天気だとちょっとがっかりだけど、

オイラの場合は、そうじゃないし。

ちょっと疲れ気味だから、今回はゆっくりするつもりだから、

ある意味ちょうどいいのかもしれない。


それに、梅雨なら梅雨の、雨なら雨の、その時にしかない景色ってのも

ある訳で、そんなのを探したり、見つけたりするのもなかなか面白いものだしね。


画像





画像





画像





画像





結局、二日間の間に、まるっきりの晴れ間はほんの一瞬で、

降ったり止んだり、強まったり弱まったりの繰り返しだった。

初日の夕方、気温が下がってきたので、

一度だけストーブを焚けたけど、あとは大丈夫だったな。


たまにはこんな過ごし方もいいよね。


最後に、富士山の上のレンズ雲とアルプスの写真。



画像





画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月19日と20日の清里。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる