「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から花追い(松本城編)

<<   作成日時 : 2013/04/17 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

清里へ帰ってきた。

この間来た時も、仕事でヘロヘロになってやって来た訳だけど、

前回はその仕事の山の途中だった。

今回はその仕事の山を終えて、その晩に帰ってきた。

当然、前回以上に身も心もボロボロな訳だけどね。


今回はちょっとまた目的があった。

と、言っても清里でではないんだけどね。

それは「城と桜」を見ること。

日本の城と、桜の組み合わせって絶品だと思わない?

そして、どうせ見るなら松本城。

前からそんな風に思ってたんだよね。


前にもこの日記で何回か書いてるんだけど、

東京からだと日帰りはちょっと遠い場所でも、

清里の小屋を拠点にすれば楽に日帰りできる場所がある。

松本なんてまさにそれで、清里からなら1時間半見てれば

お釣りが来る距離。


いつもだと、四連休とかの長い休みの時にそれをするんだけど、

今回は特別。

桜が絡んでるからね。


高速を走って松本が近づいてくると、

正面に北アルプスを見ながら走ることになる。

これってすごく気持ちがいい。


駅の近くはしっかりと街だし、

それ以外の場所も、昔ながらの建物や町割りが残ってて、

ただ歩いてるだけでも楽しい所だから、

実は結構好きな町。


そして、なんと言っても松本城。

今全国に現存する当時のままの天守閣は12箇所。

そのうち国宝に指定されているのは4箇所なんだけど、

松本城はそのうちの一つ。

もちろん、修復はされているけど、

でも、例えば松本城で言えば、武田信玄が居た場所と

同じ場所に立てるというのはすごいことだな、と思う。

地べたで言えば、どこの城郭も城址もそうなんだけどさ。


画像





画像



画像





立派なものです。

すぐ後ろに北アルプスが見えるのもいいよね。

今回は上がらなかったけど、天守閣の上まで上がると、

北アルプスはよく見えるし、槍ヶ岳も見えたりする。

当時の武将は何を思ってこの景色を見たんだろう?

なんてしみじみしちゃうよ。

逆に、今は松本にも背の高いビルなんかがあるけれど、

当然、その頃にはそんなビルなんかなくて、

この天守が何よりも高い建物だった訳だよね。

人々はどんな思いで見つめていたんだろう。


城だけには限らないけど、

今に伝わる人々の思い、時を越えたメッセージみたいで

ドキドキする。



さて、桜。

例年なら多分、ちょうどいい季節なんだと思うんだけど、

・・・

終わってました。



画像




画像




ネットなんかで事前に調べてはいたんだけど、

そうは言ってもまだ大丈夫だろう、

なんて高をくくってたら、

・・・。


花追い失敗。

うん?花を追った事には間違いないから

失敗ではないのかな??



それでも、公園の中にあるたくさんの桜の中で、

今が見頃な物を見つけて頑張ってみました。


画像





画像





画像





ちょっとは気が晴れたかな?

今度はしっかりとリベンジします。

実は他にもまだ挑戦したいのがあるんだけど、

それはまだ秘密、ということで。


松本いいところだよ。

好きな街のひとつです。


さぁ、明日は清里でノンビリしよっと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から花追い(松本城編) 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる