「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里へ帰る目的は

<<   作成日時 : 2013/04/05 23:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

約2週間ぶりに清里へ帰って来た。

この春先、ちょうど仕事もハードで、心も身体もボロボロになっていたし、

とにかく清里に帰りたかった。

いつでも、まぁこんな感じなのだけれど・・・


なのに今回は、いつも以上に帰りたかったんだよね。

何故と言うなら、それは桜。

東京の桜を見ても、きれいだな、とは思うものの、

それ以上でも以下でもない。

しかし、毎年見に行っているから、という理由だけではなく、

友人や知り合いが次々にネットにアップする清里近くの桜の写真など

見るたびに、背中がぞっとするほどの不思議な感覚が起こり、、

そろそろピーク、今日あたりが最後、みたいなコメントを見るたびに

いてもたってもいられないような思いにかられていたほどだったから。


忙しい時期ではあったものの、例年の桜の見ごろに合わせて2連休を取ったのだけど、

今年の天候不順でいつもより1週間は早く咲き、

見に行こうという予定を見事に狂わされたのも、

その思いに一層の拍車をかけたというのもある。



そんな訳で、ボロボロの体を引きずって、それこそ這うような思いで(車だけど)

帰りついたんだ。


天気予報では、5日は好天、でも、6日の土曜は大荒れになる、という話なので、

とにかく見たい物をすべて5日に済ませよう、なんて予定まで立ててね。


結果的には、予定通り、望み通りの花を見ることができた。

それこそ「もう、お腹いっぱい」ってほどに。


気に入った写真もたくさん撮れたさ。


これについては、日を追って順次アップしていく予定なので、

興味のある方はお楽しみにしててください。



しかしさ、清里って、南麓ってやっぱりすごいよね。

何度も書いているように、心も身体も本当にヤバかったんだけど、

何もしないでそこにいるだけで、

良質な温泉に浸かっているかのように、

なんて言うかな、南麓の成分が、ゆっくりゆっくり身体にしみ込んで

疲れをとり、癒してくれているような

そんな感じがしたもの。


こういうのを実感すると、やっぱり思うよね、


みんな清里に来ればいいのに、


ってさ。


桜の写真はもう少し待っててくださいね。




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
Twitter経由でこちらに辿り着きました。

私もいろいろどうにもならなくなると山梨に帰ります。
盆地の片隅でさえ、ただ山梨という土地にいるだけで、
癒される思いがありますから、
北巨摩となれば尚更でしょうね。
これまで、実家がありながら数ヶ月に一回しか帰っていなかったのですが、
今年は一泊でも日帰りでも、どんどん足を運ぼうと、
心に決めた次第です。

これからも時々覗かせて頂きます。
kumanashi
2013/04/10 12:48
kumanashiさん、いらっしゃいませ。
感覚的なものなのでうまく言えないのですけど、帰ったときのホッとする空気、景色は行ってみなければ分からないものですよね。
忙しかったり、大変な時こそ帰りたくなります。

このブログもあんまりたいしたことは書いてないですが、また遊びに来てください。
ぱや
2013/04/11 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里へ帰る目的は 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる