「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里で感じる秋の深まり

<<   作成日時 : 2012/10/15 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

毎年、カンティフェアが終わると冬の近づきを感じる、

なんて声をよく耳にする。


確かにさ、カンティの時は天気にさえ恵まれれば、出店してる人や

訪れた人たちもみんな日焼けで顔が赤くなるような、

何ていうのかな?

秋の半ばって言うか、運動会日和って言うか、

そんな感じなんだけど、

これが終わると急に寒さを感じたりする。


大きなお祭りが終わって、寂しくなるせいもあるのかもしれないけどね。


でも、実際、この後の「わたしのカントリー」の開催の時は

なんだか寒くなってるものね。


そんなカンティが終わったよう実の今日、僕は清里にいた。

小屋でゆっくりと朝を過ごし、

昼過ぎまで、前から気になってた小屋の前の木の枝卸や、

枝の間引きなんかをして過ごし、

午後からはあちこち動いてその深まる秋を見てきたよ。


まずはここ。


画像



ご存知赤い橋。東沢大橋ね。

向こうに見える渓谷もだんだ色づいてきてる。

真っ盛りにはまだもう少し時間がかかりそうだけど。

画像



でも、今でもすでにきれい。

すでに車は難題も停まっていたけど、写真を撮りながら景色を見てたら、

観光バスが入ってきたから、そそくさと後にしちゃったけど。



そして、今あちこちで、目に入るのがこれ。


画像



そう、ツタウルシ。

すごく赤がきれいなんだよね。

車で走っていても、歩いていても、森の中からその存在をアピールしてくる。

きれいとは言え、さすがはウルシ、触っちゃダメですよ。

普通のウルシよりかぶれる成分が強いって聞いたことがあるくらいですからね。

でも、きれいだよねぇ。


夕方になると途端に寒くなるのも、季節を感じさせる。

目に入る景色の色が、なんだか濃くなったように見えるのは気のせいなのかな?


画像



この写真を撮るのに車で山をぐんぐん上がって行ったんだけど、

途中で山に響き渡るようなシカの声を聞いたよ。

ドキドキしちゃうよね。

その後で、八ヶ岳横断道を走ってたら、道路にシカが立ってるし。

冬の夜になるとシカ天国になる道路だから予期はしてたけど、

これも秋の深まりを感じる一つかもしれないね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩はです。いつも楽しく読ませて頂いてます。清里も段々と秋らしくなってきましたね♪今は仕事の都合で何年かは北海道にいますけど、ぱやさんの清里の写真でいつも癒されてます(^-^)
ラクティス
2012/10/15 23:57
北海道ですか。
清里は札幌と同じくらいの気候らしいですよね。
とは言え、景色をはじめ色々と違うんだとは思いますが。
清里は季節ごとに様々な表情を見せてくれます。なので、いつでも、何年経っても驚きや、感動がある場所です。
写真は拙いもので、そんな中のほんの一部でしかないですが、気に入ってもらえると嬉しいです。
ぱや
2012/10/16 11:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里で感じる秋の深まり 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる