「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から昇仙峡へ行ってきた。

<<   作成日時 : 2012/10/31 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

清里で4日以上の連休を過ごす時、

そのうちの一日はどこかへ遠出する。


いつもなら、自宅から日帰りで行くにはちょっと遠い所に、

清里からなら日帰りもできるじゃん、

みたいな場所へ行くのを常としている。


しかし、今回はちょっと趣向を変えてみた。


行ったのは昇仙峡。


場所的には簡単に言えば、甲府と韮崎の間の山側、になる。

普段、韮崎くらいまでは買い物にも行くけれど、

甲府など中央道を戻る形になる場所には行かない。


何故ならば、清里からなら日帰りできる・・・、という原理に合わないから。

そして、何より休み中に自宅方向に少しでも戻るのが嫌だから。


でも、今回は行ってきました。


昇仙峡って有名な所だし、その渓谷美には興味があったし、

紅葉の名所でもあるし、正直言うとずっと行ってみたいと思ってたからね。


紅葉はまだ少し早かったけれど、でもあちこち色づいていたよ。

それが、自然にできた岩の美しさと渓流のきれいさとあいまって、

さすがに見ごたえのある場所だったなぁ。



画像




画像




画像




画像




画像




画像






昨日の日記(だったかな?)にも書いたけど、

自然が創り出す物って本当にすごいと思う。

こればっかりは人間が想像も創造もできないものだよね。

「芸術」って様々な分野であるけど、この自然が創り出すものって

そんな「芸術」とか「アート」とかいう言葉では表現しきれないほど、

そのステージというか次元が違うんだよね。

それを模倣しているのが「芸術」なのかな?

すごい自然に包まれていると、ふとそんな事を考えちゃう。


そんな風に思ってしまうほどその景色は素敵でしたよ。



渓流には魚がいっぱい泳いでいて、釣り心をかなりくすぐられましたけど。



ここにはまた行ってみたいと思う。


何よりいつもいる場所から、実は意外に近い所にあったというのが驚きだったりして。



続いて行ったのは甲府の街。

実は甲府の街へ行ったのは20年ぶりくらい。

街の様子が変わっていて結構びっくりしたよ。

面影はあるんだけどねぇ。


最近、耳にする話では、

この甲府も郊外型の大型ショッピングセンターとかの影響で、

中心地や本来の商店街がさびれてしまっているとか。

今の地方都市にありがちな話ではあるけれど、

これって人びとの生活を守るとかの難しい話は別としても、

もったいないし、とても残念なことだよね。

やはり、便利なのはいいけど、「便利」がもたらすデメリットを先に考えるべき事は、

どこの土地でも、どんな事でも同じなんだよね。



結局僕は、車の多さが嫌になり、駅のあたりを走った後で武田神社に逃げ込んだ。

ここも昔来たことがある場所。


あの頃はいまほど整備もされてなくて、こんなにしっかりした神社じゃなかったような気が・・・

それが今では、すごく気持ちのいい場所になっていて、ちょっと癒されました。



画像




画像





画像





甲府ってさ、誰もが知ってる通り盆地なんだけど、

実際にそこに立ってじっとあたりを見渡してみると、

周りは山に囲まれているのがよくわかるし、本当に盆地なんだとしみじみ感じる。


もちろん、富士山も見えるし、ちょっと高いところにある武田神社から、

そんな風景を見ていると、信玄をはじめとする先人達がこの景色を

毎日見て暮らしていたんだな、そりゃここに住みたくなるよな、

なんて考えちゃったりね。



いい所だね、甲府。


昔ながらの町並みや建物があるのなら、そんな所をまわりつつ、

普通に地元のお店で飲み食いするような、そんな時間を過ごしてみたいと思った。




ただ今回残念だったのが、まずは昇仙峡の紅葉情報。

ネットで色々見たんだけど、書いてあるところところで情報が違う。

見頃、と書いてあるところもあれば、これから、と書いてあるところもあったり。

肝心な観光協会のHPでもその辺の情報はなく、

観光情報もとっかかりとかまわり方すら、今ひとつよく分からない。

今はバスとかで来る人が多いから関係ないのかもしれないけど、

あれじゃ普通に観光しようって言う人はちょっと困るよね。


もちろん、清里周辺の状況を見ていたから、

標高差から考えれば昇仙峡の状況も想像はついたけど、

分からないまま「見頃」を信じて来た人も多かったみたいだよ。



残念ついでに書くと、実は甲府に行く前に湯村温泉にも立ち寄ったんだよね。

昇仙峡からすぐ近くにあって、歴史ある温泉街、

ということで前から興味があったからさ、近くまで行ったので寄ってみた訳さ。


前にHPで見た時には、まわる順路や駐車場なんかの情報が出ていたんだけど、

今回はその辺をチェックしないで現地入りしたんだよ。

それだけネット情報があるなら、現地に行けば何か分かるだろうと思ったしね。

結果的には、駐車場の案内も観光案内の看板も見つからず、

結局車から降りることもできずに通り過ぎてきちゃいました。


せっかく歴史あるいい温泉街、な訳だからね。もったいないよね。


もちろん、変にお金をかけて、変な物を新たに作る必要はないと思うけど、

もう少しその辺が親切だといいんだろうなぁ。


実際、観光客がむやみに増えるのっていい事ばかりではないから、

それでも来たい人がいるなら来れば?くらいでいいのかもしれないけど。



まぁ、そんなこんなで、最近ではあまり行ってなかった山梨の観光をしちゃいました。

山梨にはまだまだいい所、面白いところがたくさんあるし、

色々と見たいし、行きたいし、知りたいと思うよ。


ディスカバー山梨だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から昇仙峡へ行ってきた。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる