「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里で38年通って初めて見た景色。感動した! #kiyosato

<<   作成日時 : 2012/06/04 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


前回清里を去ってから、3日目の夜、僕は再び清里へ帰ってきた。

仕事の関係で、休みがまとまったせいで、連休ができたからだ。

その為、清里で連休、2日働いて、清里で連休、3日働いて、また清里で・・・

そんな感じだ。


いつものように夜に着いて、目覚めた今朝は絶好の八ヶ岳日和。

目覚めてから布団の中で天窓から降り注ぐ日差しを見る。

プールを前にした子供が、準備運動もまだなのに

飛び込みたくて仕方なくウズウズしているように、

僕も早く外に飛び出したくて仕方ない、そんな感じだった。


今回は二日間だけの連休なので、特に予定はなし。

今日も朝食をデッキでとったあとしばらく外の景色を眺め

そこから動くことができなかった。


前の日記にも書いたけれど、

今の清里は緑一色だ。

木々は新緑の若葉を茂らせ、その下には日ごとに背丈を伸ばした

草が生い茂っている。その下にはクローバーなどが地面を覆う。

目に入るものがみんな緑で、吸い込む空気も草の匂い。

自分の身体すべてが緑に染まっていくようだ。


前回、2回に分けて草刈りをしたけれど、それは小屋の表側。

裏の普段薪割りをしたりする一角は、

草が背丈を伸ばしている。

それを見ると、なんだか気になってしまい、

結局、今日も草刈りだ。


伸びてまとまらなくなった髪の毛を切ったように、

草刈りをするとさっぱりした気持ちになる。


お昼からは昼食をとるためと、買い物で少し出かけた。

画像


最近、晴れてはいても雲が多く、山を見られることが少なかったが、

今日は雲は出ているものの、山はきれいに見えていた。

やっぱり、これもホッとするよね。


画像



画像





車を走らせていても、八ヶ岳や南アルプスはきれいに見えていたし、

田んぼでは、満々とした澄んだ水の中に

きれいに等間隔に植えられた苗が癒してくれる。

画像



さて、いつも鹿がいる「シカ牧場」(いるのは野生のシカ)に、

何頭かのシカがでていた。

画像



みんな同じ方向を向いて、一心不乱に草を食べている姿がおかしくて

つい車を停めてカメラを向けていると、

右側から新たなシカが走り出てきた。

そのシカのすぐ後ろには、何かがいた。

最初はキツネが一緒に走っているのかと思った。

でも、よく見てみるとそれはキツネではなく、子ジカだった。

画像



今までも小さめのシカは見たことがあったが、ここまで小さいシカは初めて見た。

ここで冒頭の写真につながるわけだが、

背中に斑点のある所謂「バンビ」だ。

この八ヶ岳南麓で、数え切れないほどシカを見てきたが、

感動度合いでは、この冬に小淵沢で見た何百頭ものシカの群れ、

またそれが一斉に走る風景と同じくらいで、

すごく嬉しかった。


ちなみに、この背中のバンビ模様は、

子供だけのものではなく、夏の間は大人にもあるもの。

森の中に降り注ぐ木漏れ日を模していて、

森の中で発見されにくくするためにできたといわれている。


清里に来て38年、昔に比べると「・・・」なこともない訳ではないけれど、

今でもこうした新たな発見などがある。

だからこそ面白い。


さて、下は帰る日だけど、何しようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
可愛い〜!
私もチビ子に会ってみたい!
みみこ。
2012/06/09 00:35
ビックリでしたよ。
そう言えば、engawa cafeという古民家を使ったカフェレストラン(ここも美味いです)では、今ヤギの子供を見る事ができるみたいですよ。
ぱや
2012/06/09 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里で38年通って初めて見た景色。感動した! #kiyosato 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる