「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月2日の清里

<<   作成日時 : 2012/04/02 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝は、昨日風もおさまって穏やかな天気だった。

画像


まだ取りきれない仕事の疲れと、単純に貯めてしまっていたのとで、

朝食の後は時間は短かったけど、薪割りに勤しんでみた。

前は雪のあととか、氷点下の空気の中とかでも、

身体から湯気出す勢いで薪割りをしてたけど、

やっぱり暖かくないとね。

画像


斧を相棒に、木と話しながら黙々と薪を割る作業は結構好きで、

久々で身体も気持ちよく疲れたけど、

気づけばそれなりの数の薪ができてた。

もちろん、これらは来年、再来年の冬用なんだけど。


そうそう、小屋のすぐ近くにノスリが下りてきました。

獲物は捕れなかったみたいだけど。


画像





午後からは昼食をとりに出かけたけど、

それ以外はこれといった予定もなかった。

頼まれていた買い物くらいでね。

だから、なんとなく南牧のびっくり市へ行き、

川上のナナーズへ行った。

本当はそれで小屋に帰るつもりだったんだよね。


ところが、何を思ったか・・・


帰り際、車を信州峠方面へ。

信州峠は山梨と長野の県をまたぐ峠。

長野側は高原野菜の畑がずっと続くけど、

県境が近くなるにつれ、山道となる。


面白いのは県境をはさんで道路が変わること。

山梨と長野、どっちがどうとはここでは書かないけど、

面白いくらいその整備状況は違う。


この山道がいいんですよ。

自然がいっぱいで。

写真には撮れなかったけど、瑞牆山 の不思議な頂の

形を見ながら走るの感慨深いし、

熊とか出てきても不思議はない渓流沿いの道なんかも

心が洗われるような雰囲気でね。

熊は出なかったけど、シカは普通に出てきましたよ。


画像




渓流がまたいいんだよね。

そこにいるだけで気持ちがいい。

オマケにとろみなんか見ると、そこにフライとか投げ込みたくなるような・・・

見た感じ魚はいなかったけど。


画像



この信州峠は増富温泉へつながっています。

山道を抜けるとそこが増富温泉。

この温泉街が、まさに昔ながらの湯治場で、

そのラジウム温浴を求めて今でもたくさんの人が訪れているところです。

宿によってはなかなか予約が取れないところもあるとか。

とにかく雰囲気がいい所です。


工事で道が通れない箇所もあったので、

明野から須玉へ抜けました。

ところがここからまた気の向くままで・・・


突然、武川の秋月のお菓子が食べたくなり、

また寄り道。

ついでに、道の駅はくしゅうへ立ち寄ってから帰宅・・・


思いつきのまま車を走らせ、北杜市半周位したんじゃないないかみたいな

一日でした。


小屋の近くまで帰ってきたときには、すっかり夕焼けで、

山もまた朝とは違う顔になっていました。


やっぱりホッとするよねぇ。


画像



画像



ちなみに、見づらいけど今日のルートはこんな感じ。


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月2日の清里 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる