「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里へ帰る途中舞姫酒造へ寄り道しました。

<<   作成日時 : 2012/02/13 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上諏訪側の諏訪湖で御神渡りを見た後は、

諏訪湖をぐるっとまわって下諏訪へ。

諏訪大社の下社秋宮の近くで昼ごはんを食べました。

そこから清里へ帰ろうと国道20号を走って再び上諏訪を通っていると、

造り酒屋さんらしいものが通り過ぎ、

そこに書かれた「舞姫」という名前が目に入りました。


日本酒の「舞姫」・・・


実は、東京での仕事場の近くによく飲みに行くお蕎麦屋さんがあり、

そこでいつもいただくお酒が「舞姫」。

飲みやすくて大好きなお酒なんです。


通り過ぎた後で、舞姫ってあの舞姫?

そう言えば、お酒の瓶に諏訪って書いてあったような・・・。

なんて事が頭の中をぐるぐるし、すぐに車をUターンさせて戻りました。


好きなお酒だけど、作っている場所を調べて行こうとまでは思ってなかったのに、

偶然にも目の前に現れたら行かない訳にはいかないでしょ?


と、いう訳で行ってきました舞姫酒造

建物も店内も素敵で、試飲させていただいたお酒もどれも美味しかったです。


画像



画像




画像





そもそも、この上諏訪には霧が峰からの伏流水を利用した酒蔵、

舞姫、本金、横笛、真澄、麗人の5軒が軒を連ねています。

下諏訪にも有名な御湖鶴がありますし、諏訪はお酒の産地なんですね。


この舞姫酒造は明治27年創業で、当時は亀泉酒造という名前だったのを、

大正に入り、作っていたお酒の名前「舞姫」を会社名にあてることとなったそうです。

ちなみに、現在使われている舞姫と言うお酒のラベルの文字は川端康成の

手によるものとの事。

朝日新聞で川端康成が「舞姫」を掲載したのを見た当時の社長が、

自分のところのお酒と同じ名前だということでお酒を送ったところ、

お礼の手紙が来て、その中に書かれていた「舞姫」という文字を

使わせてもらう許可をとった、という経緯があるんだそうです。



偶然見つけた酒蔵に、思わぬ寄り道をしてしまいましたが、

立ち寄れて本当によかったです。

やっぱり旅は時間に終われてせわしなく、ではなく、

時間も心も余裕を持って、たまには寄り道をしつつ、

なんていうのがいいですよね。

ちょっとレトロチックに撮ってみました(笑)



画像



画像



この後は、原村のストーブハウスに寄り道。

ここで色々と長話をしていたら、雪が本降りに。

暗くなりかけたので退散し、清里へ向けて車を走らせました。

雪が降る夕方なのに、なぜか選んだ道は八ヶ岳横断道路。

17時過ぎのあの道はすでにシカ天国。

道路わきはもちろんですが、

目の前をシカが横切って、雪なのに急ブレーキ!なんて場面も。

そうそう、僕も初めてだったのはムササビ。

車の前の方を、あきらかに鳥とは違うものが

すーっと滑空して横切りました。

やっぱり八ヶ岳ってすごいな、と改めて感動。


それにしても盛りだくさんで、楽しい一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里へ帰る途中舞姫酒造へ寄り道しました。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる