「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里で自然とのリンク。

<<   作成日時 : 2011/11/01 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

自然の中にいて、

呼吸や、鼓動がだんだん自然のリズムとリンクしてくる。


昔、何かで読んだことがあるんだけど、

二人の人間が抱き合ったり、添い寝のようにくっついていると、

その二人の鼓動がだんだんと同じペースで脈打つようになってくる、

まさしくリンクしてくるんだそうな。

母親のおなかの中にいて、母親の鼓動やそれによる血流を

そのまま受けていた名残なのかもしれない。


きっと相手が自然であっても同じことなんだと思う。


その時にこそ、自然を感じることができる。

その時にこそ、自然のメッセージを感じることができる。


それは言葉でもなく、もちろん文字でもない。

しかし、確かに伝わるもので、気持ちというか、感情というか・・・


そして、自然は様々なことを僕たちに教えてくれるんだ。

信じられない人は、信じなくてもいい。

それでも、自然とリンクすること、溶け込むことは試してみて欲しい。

メッセージを感じなくても、

その気持ちよさだけはきっと感じることができるはずだから。

草刈りや薪割りをしてる時だって、

きっとそんな風にリンクしているんだと思うよ。

気づかないうちにさ。


薪割りなんて、その最たるもので、薪の原木と自分の対話、

周りの音なんか気にせずに、

集中してひたすら斧を下ろす。


そんな時にもいつしかメッセージはやってくるものだよ。



書いてて思ったんだけど、

映画『アバター』に出てくる彼らの尻尾みたいなものかもしれない。

尻尾をつなぐとリンクできるような感じかな?


これって映画の話ではなく、

実際に僕らにもできることなんだと思う。


自然の中にいると、

いろんな物が見えてくる、そんな気がするよ。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おいらがまだ小さかった頃、周りを見れば田んぼ・山・養鶏場…田舎の風景が嫌になって早く大きくなって都会に行きたいと思っていたおいら。

梅雨の時期になれば蛙の鳴き声がうるさい聞こえたり秋になれば虫の鳴き声が聞こえたり…そんなことが嫌な時期があった。

高校生になって東京に遊びに行って都会ってすごい!!私も住んでみたいと思ったっけ(笑)

絶え間なく来る電車・バス。手を挙げれば止まってくれるタクシー(笑)山梨だとそうはいかないし。便利さにびっくりしたなぁ…

でも仙台に引っ越してきて暮らしていて自然が恋しくなったんだよね。

ここでは蛙の声も虫の鳴き声もしない…

静かすぎる空間に息が詰まって最初のころは眠れなかった…

当たり前だけど30年近く住んでいた訳だから根っからの山梨県人なんだよね(笑)

水道水があんまり美味しくないことにびっくりしたし…

山梨の水道水は美味しいんだぞぅ!!

普段当たり前すぎて気がつかなかったんだけど私は山梨が大好きだったんだ!!

当たり前だけどおいらは山梨の自然とリンクしていたんだよね。

今は甲州弁も愛おしいしバンバン使ってるよ(笑)

おいらには都会より自然があってるのだ!!

山梨もどんどんいろんなお店が出来たりしているようだけどおいらとしては変わらない山梨であってもらいたいと願うこのごろです。

P・S 余談ですが最近はおざきのいびきをバックミュージック代わりにしています。

蛙や虫の声より重低音ですが落ち着く心地よい音です(笑)

おざきともリンク完了です(笑)
おざき妻
2012/01/01 18:21
離れてみて分かる事ってあるよな。
失ってみて分かる事、とか。

自然は失うと戻らないんだよね。
みんなにとって大事な清里や八ヶ岳南麓
は大事にしていかないとね。

あ、君の旦那のいびきは、どうにかしよう(笑)自然の音が聞こえなくなるし・・・。
ぱや
2012/01/02 00:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里で自然とのリンク。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる