「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里の醍醐味。清里って言えばやっぱり・・・ #kiyosato

<<   作成日時 : 2011/10/26 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

3日目の今日、窓から差し込むまぶしい太陽に

起こされて目が覚めた。

標高1000mを超す場所では深く眠れる、

そんな話もあるけれど、

時間の割にすっきりと目が覚めた。

起きぬけにチェックした温度計では、

小屋の外気温は0℃。

どうりで小屋の中もひんやりしている訳だ。


久々の0℃を体感したくて表に出てみる。

真冬の清里の気温に比べれば、

全然あたたかで、キーンとした空気には程遠いし、

痛いような寒さも感じられない。

それでも、冷えた空気は気持ちがいい。


ふと遠くを見ると、昨日まで見ることができなかった

南アルプスが森の向こうに見えた。


画像



朝日に照らされたその山並みを見ていたら、

もっと近くでその存在を誇示しているはずの八ヶ岳が気になった。

うちの小屋から育ち過ぎた木々に阻まれてはっきりと見えないので、

顔も洗わないまま車を出して、その姿を拝みに行った。

車を出すと言っても、運転するのは2分あるかないかだけど。


画像



これだよね。

これを待っていたんだ。



昨日は結構風が強くて、八ヶ岳から吹き下ろしてくる風が

やけに冷たかった。

なんでも、昨日のそれは木枯らし一番だったみたいだね。

おまけに天気は晴れだったもんだから、

今朝は余計に冷え込んだって事なんだろな。



今日は、朝食の後、久々に薪割りを少ししたよ。

鳥の声くらいしかしない、冷えた空気の中で

木と向かい合って、斧と息を合わせてもくもくと割っていく。

何度やっても気持ちのいい作業だよね。


薪割りのあとで、ウッドデッキで一服。

見上げた空には雲ひとつない。

そこにあるのは青一色の空だけ。

南に目をやれば、下界を覆う雲から富士山が頭を出している。

この時間になって吹き出した風はとても冷たいけれど、

日向はとてもあたたかく、そこには太陽が燦々と降り注いでいる。



12時過ぎに昼食を求めて外出したけれど、

どこへ行っても山はきれいだった。

富士山も、

画像


南アルプスも、

画像


角度を変えた八ヶ岳も。

画像





これでこそ八ヶ岳南麓の醍醐味ってもんでしょ?


昨日、一昨日の日記で、清里の紅葉は盛りを過ぎた、とか、

遠目に見てる分にはいいけど、

近寄ると・・・

とか書いたよね。

これに嘘はないんだけど、でも、遠目にせよ、なんにせよ、

まだきれいに見えるのは嘘ではないんだ。


画像



画像




今回は、今日でおしまい。

今度はいつ来られるんだろ?

今までのように週にいっぺん、ってな具合には

いかないかもしれないけど、

でも、また来なきゃ。


清里はいいよ。

これからが実は一番いい時期かもしれないし。


みんな清里に来ればいいのに。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な写真ありがとうございます。

清里からの宝物を体いっぱい感じています。

薪割りもいつか体験してみたい(笑)

空気が凛するこの時期はすごく好きです。
心もすっきり♪
鼻の頭が赤くなるのが欠点くらいかな(笑)
おざき妻
2011/12/24 10:55
鼻の頭が赤くなることくらい気にせんでいいじゃんけ。
これを書いている今日はクリスマスイブだけど、
こんな冬にもなると、清里の空気は痛いくらいに冷たくなり、
駅前に出ても観光客の姿もあまり見かけなくなる。
その寒くて、ちょと物悲しい高原の雰囲気が
実はとても好きだったりするよ。

薪割り、いいよ、いくらでもやりにおいで。
疲れたら旦那に替わってやらせてみるか?
ぱや
2011/12/24 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里の醍醐味。清里って言えばやっぱり・・・ #kiyosato 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる