「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ひまわりハチミツ」搾りに参加してきました。 #hokutoshi #yamanashi

<<   作成日時 : 2011/09/18 15:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



毎年夏に行われている「サンフラワーフェスティバル」。

いつも素敵なひまわりたちに会いにいっています。

このフェスティバルも今年20周年を迎えました。


9月18日日曜日、

「北杜市明野サンフラワーフェス」のひまわりで商品開発できないか?

と立ち上がった養蜂農家bee-ingとパノラマリゾートひまわりの丘が

行う「ひまわりハチミツ」搾りに参加してきました。


場所はキャンピカ明野ふれあいの里。

知らなかったんですが、ここも行ってみたらなかなかいいキャンプ場でしたよ。

雰囲気がとてもよかったです。



まずはミツバチが集めてきたひまわりハチミツたっぷりの巣枠を2枚

分離器にセットします。

画像


ここで注目なのが、この分離器。

透明のアクリルでできているんですね。

通常は金属の筒のようになっているのですが、

それではイベントで来てくれた人に分かりづらい、ということで

特注の物だそうです。

これなら巣枠から飛び散るハチミツの様子を

誰もが見ることができる訳ですね。


画像


分離器を回します。上の写真と違いが分かりますか?

巣枠からハチミツが飛び散ってるでしょ?


ほらほら・・・

画像



画像


分離器を回すのは、イベントに参加した人が誰でもできます。

子供たちも夢中です。



画像



画像



分離したハチミツを濾し機へ落とします。



画像


濾し機からビーカーへハチミツが移されます。



画像



説明を受ける子供たち。子供だけではなく、大人だって初めてだし、みんな夢中でしたよ。



画像



そして、いよいよ試食です。


味はもちろん甘いんですが、少しだけ酸味がある不思議な味です。

知ってますか?ハチミツと一言で言っても、何の花から集めたかで

全然味が変わるんですよ。

一番クセがないのは、ご存知レンゲハチミツなどですが、

クセがあるハチミツもなかなかですよ。


画像


最後に配られたラベルに自分で色や絵などを描き、

いただいた搾りたてのハチミツの入った瓶にそのラベルを貼ると・・・


画像



オリジナルのひまわりハチミツの出来上がりです。




こういうイベントっていいですよね。

なかなかないし。

子供はもちろんだけど、大人までもこういった自然や食との関係を体験して

学ぶ事ができるイベントって貴重ですよね。

学ぶだけでなく、自分たちが作ったもの、育てた物には愛情が湧くし、

知っているのと知らないとじゃ、今後の食に対する思いも変わって来ると思いますもの。



いつもは平日に清里に行くことが多いので、なかなかこういったイベントに参加できないのですが、

今回は参加できてよかったです。

こういうイベント、また参加したいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ひまわりハチミツ」搾りに参加してきました。 #hokutoshi #yamanashi 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる