「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から桜を見に行ってきました。(その3 清春芸術村) #kiyosato

<<   作成日時 : 2011/04/18 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、先日13日に引き続き、清里を拠点に桜を見に行こうツアーです。

いつもなら前日の夜に清里へ向かい、一日を過ごすのですが、

今回は、ちょっとしたことがあり、夜に出る事が出来なかったので日帰りです。


都内の渋滞を避けるために、早朝に家を出ました。

明るい中央道を走るのは本当に久しぶり。

夜走るのとは違った車群。そして、景色。

一番印象に残っているのは、甲府の手前の一宮。

ここは桃源郷とも言われる桃の里なのですが、

ちょうどタイミングがよく、桃の開花真っ盛り。

車を運転しながらも辺り一面ピンク色に染まった桃畑が

目に入ります。

これは圧巻です。

いや、きれいでした。


あ、はい、桜ですね。


今回最初に向かったのは、清春芸術村です。

ご存じない方は、リンクから公式HPを見てください。

ラ・リーシュというアトリエを中心に庭が広がり、その庭を縁取るように

桜が咲きます。

天気に恵まれればとても気持ちのいい庭です。


この芸術村に入場するには1,000円の入場料がかかります。

払って入場すれば美術館にも入れます。

去年は確か800円くらいだった気がするけど、値上げしたんですかね?

まぁ、桜の保存や、美術品の保存、若手アーティストの育成などの資金になるなら

いいかな?とは思います。

でも、去年までは敷地を囲うフェンスから、中に入らなくても中の様子が見えていたのですが、

今年は白い幕でそれが覆われていました。

それがフェンスの工事のためとか、老朽化のための安全策というならいいのですが、

もし、入場料を増やすため、外から見えなくしたのであるなら、

なんだか寂しい気がします。

実際どうなのかは分かりませんが。

桜を愛でたりすることや、芸術、ともにお金がかかる事ではあるけれど、

でも、お金が前面に出てきてしまうと、桜も芸術もいささか色褪せて見えてしまう気がします。


見に行った時はちょうど天気にも恵まれ、気持ちがよかったです。

南アルプスが雲に覆われてしまっていたのは、少々残念ではありましたが。

桜はね、すごくいいよ。

きれいです。ここの庭から桜を見てると本当に気持ちいいです。

ここの桜って、なんだろう、独特の雰囲気を持っているんですよ。

お金の事とか書きましたが、個人的には大好きな場所です。


画像


画像


画像


画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から桜を見に行ってきました。(その3 清春芸術村) #kiyosato 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる