「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月14日の清里 バレンタインデーの雪へのいざない

<<   作成日時 : 2011/02/14 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回清里を後にした翌日、

仕事を終えてから車で友人宅へ向かい、

友人を乗せて再び清里へ向かった。

そう、翌日からいよいよ冬休みの始まり。


さて、その初日、僕と友人はサンメドウズへ向かった。

本当は、たまには違うゲレンデに行こうと思っていた。

候補に挙がっていたのは、蓼科のピラタス。

なんでも4キロノンストップで滑れるというウリ。

若干遠いけど、ちょっと魅力だよな、なんて話していた訳ですよ。

ところが、迎えたその日は曇り。

おまけに午後からは雪の予報も出ていた。

遠くまで行って、曇りだ、雪だじゃちょっと・・・

ってなことになるじゃないですか。

と、言う訳で、ホームゲレンデであるサンメドウズへ行った訳ですよ。


画像



画像





ほぼ一年ぶりの、この冬の初滑りは意外に普通に滑れるのが不思議。

リフト券の元が取れる頃、体に疲れも出始め、ちょっと休憩するかな、

と思い始めた頃、予報通り雪が舞い始めるんですな。

画像



その雪が次第に本降りになり、すっかり、すべる元気が萎えてしまうんですよ。

友人も同意見のようで、休憩なしで、そのまま小屋へ帰宅。

着替えてから遅めの昼食を取りに出掛け…


さぁ、ここからが大変。

この雪が昼食の間もずっと降りっぱなし。

それどころか、結局、勢いを増し朝まで降り続く事になるんです。


暗くなってから、僕らより一足遅くバスでやってきた嫁を迎えに行く時、

箕輪のさの屋で夕飯を食べている間、ず〜〜〜〜っっと本気降り。

外を見るたびに嵩を増す積雪。


帰る時には、道は道でなくなってました。

結局無事に帰れたんですが、国道などでは大変な事が起こっていたようで・・・

坂を登れなくなったトラックトやレーラーが道をふさいだり、

運転不能になり乗り捨てられた車があふれ・・・


先日のように、雪が盛り盛りになった小屋の前の坂の雪を

車を下に置いて雪かきしなければならなかったけど、

比べれば全然無事で余裕でしたね。


この日の積雪は、11日の雪より多く、50pは越えていました。


はぁ、長々と書いてしまいました・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月14日の清里 バレンタインデーの雪へのいざない 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる