「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎年恒例の温泉旅行へ行ってきました。その2 でも何故か最後は清里に・・・

<<   作成日時 : 2011/01/27 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、温泉旅行の二日目ですが、朝からお風呂を使わせていただき、

美味しい朝食をいただき、ちょっとのんびりしてからチェックアウト。

特に観光の予定もなかったので、

高速に乗り、東京と反対方向へ。


走ってすぐの長い関越トンネルを抜けると、もうそこは新潟県

なんですよ。

最近はちょっとご無沙汰でしたが、以前は冬になると必ずスキーで

訪れていた湯沢がそこにあるんですね。

なので、せっかくだから、越後湯沢の駅前で、美味しい日本酒やら

柿の種やら、笹団子や買って帰ろうと、

そんなもくろみでの新潟入り。


しかし・・・

確かに最近のニュースで聞いてはいましたが・・・


画像


画像



トンネルを抜けた途端に、インターを降りた途端にものすごい雪。


僕がスキーで通っていたはじめの頃は、

道路の脇に雪の壁ができているのが当たり前のようでしたが、

その末期には、そんな景色が全く見られなくなっていました。

今回はその初期のころを思い出させるほどの雪の量です。


いや、ビックリした。


でも、実際はこの湯沢は新潟の中でも雪が少ない方らしく、

もっともっと雪が降っている所もあるとか・・・

住んでいる方たちの日常はさぞ大変なことだと思われます。

事故も多いそうなので、みなさん、お気をつけてください。



さて、買い物のあとで、そのまま自宅へ向かうつもりだったのですが、

前回清里へ行った時に、忘れ物をしていた事を思い出しちゃいました。

おまけに、時間はまだ早い。


なんでだか自分でも分かりませんが、

関越を藤岡まで戻り、上信越道へ入り、佐久まで行って、

141号へ出て、気付けばわが町清里の、わが小屋へ・・・。


何やってんでしょね(^_^;)


昨日見た、秩父の峰々、赤城山、谷川岳大変美しゅうございました。

今日見た妙義山の切り立った稜線の見事さ、

雪をかぶりつつも、煙を吐き続ける浅間山の雄大さ、雄々しゅうございました。

途中でいただいた上州の鳥、赤城の牛、そしてだるま弁当、美味しゅうございました。

見慣れたとはいえ、見飽きる事のない、八ヶ岳の峰、アルプスの姿、

この間見たばかりなのに、懐かしゅうございました。


なんだかバカな事をやっているようですが、

そんな中で目に入って来る物、味わった物、どれも初めてではないのに、

とても感動的な物ばかりでした。


そして、最後にやっぱり思ったのは、清里は落ち着く、ということ。

画像



清里の空気、景色はなんでこんなにいいんでしょ。

もちろん、昨日、今日に見た景色はすごくよかったんだけど、

清里では、自宅ではないんですが、やっぱりうちが一番、そんな気持ちになっていましたよ。


いやぁ、楽しかった。


あ、ちゃんと忘れ物はゲットしてきましたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぱやさん、こんにちは!
主人の祖父が新潟の湯沢に住んでいます。
向こうはやっぱりすごい雪なんですねー(*_*;
おじいちゃん、大丈夫かしら…?!

私は伊香保温泉には行ったことがありますが、
谷川温泉、まだ行ったことがないので、
次回、祖父のところへ行く時に寄ってみます〜♪

妙義山や浅間山の山容、私も魅かれます!
でも、やっぱり八ヶ岳や南アルプスを見るとホッとする…
いつもぱやさんのブログを読んで、
共感してばかりの私です (^_^)
エリ
2011/02/03 06:04
エリさん、いらっしゃいませ。
湯沢すごかったですよ。ほんと、ビックリしました(笑)
おっして、谷川温泉おすすめです。
僕がいつも利用しているのは「金盛館せせらぎ」
という宿なんですが、ここは自信を持ってお勧めできます。

今回はひょんなことから不思議な道中となりましたが、
色んな山を見ながら車を走らせるのは
楽しかったです。
でも、やっぱり八ヶ岳ですよね(笑)
ぱや
2011/02/04 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎年恒例の温泉旅行へ行ってきました。その2 でも何故か最後は清里に・・・ 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる