「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ホワイトクリスマスの清里。写真もきれいでしょ?

<<   作成日時 : 2010/12/24 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリスマスイブと言われる12月24日、

まぁ、たまたま休みだったからだけど、

僕は清里にいた。


朝から変な天気で、片方の空には太陽が出ているけど、

片方は曇りで、気温も低め。

おまけに風が強いという感じ。


小屋から表に出てみると、

まず山の冬の匂いが僕を包む。

こういう生活をする前は、スキー場で感じることのできる

独特の冬の匂いだ。


かつて、新幹線で宇都宮まで通っていたけど、

冬に宇都宮駅で新幹線を降りると、やはり同じような匂いがした。

おそらくは男体山から吹き下ろす風の匂いなのだろうけど、

毎日の長距離通勤で疲れていた僕を癒してくれる匂いでもあった。


そう、冬の清里はその「山の冬」の匂いに包まれている。

僕は大きく深呼吸をした。


次に感じたのは森の木々を揺らし疾る風の音。


僕の小屋のある場所は、昔の別荘地ですぐちかくには

いくつもの小屋が並んでいる。

しかし、僕のように平日に来る人はほとんどおらず、

ましてや冬に来る人はいない。

車もほんのたまにしか通らないので、

風の音しか聞こえない。


気候のせいか鳥も餌台に現れないので、

なんだか世界中から生き物がみんな姿を消してしまって、

僕が一人になってしまったかのような錯覚に陥るほど。


自然の中にいると、本当に人間てちっぽけな生き物なんだな、

なんて感じる。




そんな24日であったことだよ。


さて、八ヶ岳も南アルプスも遠くから見ても明らかに雪雲がかかり、

鳥などの動きからも雪が降るんだろう、と思わせていた。

すると、案の定・・・

まだ夕方になるには早い時間に雪が舞い始め、

結構な本降りの雪になった。


やっぱり雪ってきれいだよね。


画像

星じゃないですよ〜。降る雪です。きれいでしょ?!




結局、このあと一旦止んで、しばらくしてまた降り出して、

そのまま朝まで降ったようです。

僕はその降り出した頃に自宅へ向かったのですが、

清里のイブは雪降る夜で、25日のクリスマスはまさにホワイトクリスマス、

真っ白なクリスマスとなりました。


神様の贈り物、ってかんじですよね。



画像

雪雲に包まれる八ヶ岳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホワイトクリスマスの清里。写真もきれいでしょ? 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる