「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里から紅葉を求めて。いざ、白駒池へ!今度は高見石だ!!写真いぱ〜い!!(笑) その2

<<   作成日時 : 2010/10/12 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

続き・・・

白駒池の池畔を後にした僕は、

来た道を途中まで戻った。

この途中には、高見石までの登山道の分岐がある。

分岐からはだいたい30分で高見石の下の山小屋まで行けるのだ。


登山道の周囲は手つかずの自然、そう原生林のような中を

ひたすらひたすら登る。


画像



画像



見上げれば、紅葉と青い空。

画像



空気もおいしいし、木々や草や土の匂いがたまらなく気持ちいい。


池の周辺と違って、この登山道はさすがに人も少なく、

それがまたよい。


画像



小屋またどり着く。


この小屋の右側から高見石へ取り付く事ができる。


画像



いわゆる登山経験がない僕には、なんだこれは?と、

思うような大きな岩が積み上がっている。

途中まで上がって、もうやめようかと思ったりもしたが、

この先にあると聞いている素敵な景色がみたい、

その思いだけで頑張って登った。


今まで、登山関係の雑誌やビデオなどで、

「三点支持」という言葉は聞いて知ってはいたが、

それを知らず知らずのうちにやっている、

いや、やらざるを得ない自分がいた。


そして、目の前にそびえていた岩がなくなったと思ったら・・・

画像



今まで見ていた景色とは違ったものが、目の前に広がった。


さっきまですぐ目の前で見ていた白駒池が、

下の方に小さく見える。

綺麗な景色に圧倒されるとともに、その不思議さに

驚かされた。


画像



ますます、山が好きになったような気がした。


来てよかった(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
その日私も白駒池に行きましたよ。
朝6時半と言うのに駐車場は満車で
入れませんでした。
その前の週の木曜にも行って写真は
撮りましたので、その日は別の場所に
移動でした。
高見石には夏に登った事がありますが、
普段運動しない私には相当ハードでした。
でも、石の上からの眺めは最高で、登った
甲斐がありますね。
Shu
2010/10/17 22:09
こんばんは。
白駒池は朝から昼ぐらいが混んでるっぽいですよね。
やはり「山は朝から」なんですかね?
高見石は、登山をやってる人には何でもないのかもしれないですけど、
慣れてないと・・・ですよね。
僕も本当に取り付いてからやめようかと思いましたもん。
でも、戻るのも・・・だし、どうせならあとの事は考えるのはやめにして、
上まで行っていい眺めを見よう、と割り切って
登りました(笑)
今度は多分普通に登れると思いますけど。
でも、やっぱり楽しいですよね。
ぱや
2010/10/18 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里から紅葉を求めて。いざ、白駒池へ!今度は高見石だ!!写真いぱ〜い!!(笑) その2 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる