「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里は雨なので、南牧村の『小海線展 SLからハイブリッドまで』を見てきました。

<<   作成日時 : 2010/10/28 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の日記で星の写真をアップしましたが、

そのあと空を見たら、だいぶ雲が増えてきてました。

予報通り天気は崩れるのかなぁ?

という思いのまま寝たんですが、

やはり、今日の清里は朝から雨。

気温も0℃近かったので、


雪ならなくてよかった?んだよな??


という目覚めでした。


小屋周りの作業もしたかったのですが、

この天気ではできないので、

小淵沢まで用足しに出かけました。

そして、戻ってくる足でそのまま清里を通り過ぎて、

野辺山駅近くの南牧村美術民俗資料館へ立ち寄りました。


雨だと見る所がない、とか、つまらない、という方もいますが、

なかなかどうして、雨でも、いや雨だからこそきれいに見える景色も

あったり、僕の道中もいい目の保養をさせてもらえるような

場所がいっぱいでしたよ。

雨に濡れた紅葉も普段とは違った魅力があるし。

画像


画像





南牧村美術民俗資料館などの公共の資料館や博物館なんかも

雨の日ならでは見どころの一つです。

ここに立ち寄ったのは、今日まで、信州デスティネーションキャンペーン特別企画

ということで『小海線展「SLからハイブリッドまで」』という企画展示を

やっているのを知っていたからです。


具体的にどんな事をやっているのかは知らず、

小海線の今までとか見られるなら、ちょっと面白いかな?

くらいに思って立ち寄った訳です。

確かにたくさんの写真があり、僕が写真などでしか知らなかった

小海線や、懐かしい小海線、最近の小海線などいろいろ展示されていましたが、

それだけではなく、佐久鉄道が国に買収された(?)時の新聞記事など、

小海線の歴史にかかわるものが展示されていて、

なかなか勉強になりました。


画像



ここでは、こういった企画展のほか、常設展示で南牧村をはじめとした

八ヶ岳南麓の石器時代、縄文時代から昭和までの歴史を

発掘されたものや遺された民具などで知る事が出来ます。

画像




そういうのを見たくて、前からここに行きたかったのですが、

なかなか機会がなくていつも通り過ぎるばかりでした。

今回は小海線に惹かれたせいもありますが、

立ち寄る事が出来てよかったです。

できれば、面積をもっと広げて、内容もそれぞれのジャンルで掘り下げて

もらえると嬉しいのですが、いろいろ事情もあるんですよね?きっと。


なんにしてもお勧めの場所です。




しかし、いつから美術民俗資料館になったんだろ?

前は民俗資料館じゃなかったっけ??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里は雨なので、南牧村の『小海線展 SLからハイブリッドまで』を見てきました。 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる