「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里で草刈り

<<   作成日時 : 2010/07/27 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

清里で草刈をしました。

今までも、鎌などを使っての草刈は自宅でも、清里でもしていたのですが、

今日のは草刈機を使ってみました。


知ってます?草刈機??

分かりやすく言うと、小さなエンジンをつけた長い棒の先に

丸い円盤型の刃がついてるやつです。

草払い機っていうのかな?


使っているのを見た事は何度もありましたが、

自分で使うのは初めて。


慣れてくると、それなりに使えていたように思えますが、

簡単そうに見えてなかなか難しい・・・。

そんなに長い時間ではなかったんですけど、

終えた後でしばらく手がジンジンしてるのが消えませんでした。


2年ほど前に、清里の小屋を建て替えてから、

僕自身も初めての体験を色々してきました。

薪割りもそうだし、薪ストーブもそうだし、今日の草刈もそうだし。


多分、5年くらい前までは、自分とは縁がない、というか、

やることもないだろうと思っていたような事を、

色々とやっています。


やってみないと分からない事も多くて、

また、やってみて知ることも多くて楽しい勉強をさせてもらってます。

もともと、こういう事をするのは嫌いじゃないし、

やることにも抵抗もなかったですけど。


でも、草刈りに関して言えば、


自宅のすぐ前に大きな川の土手があるのですが、

そこに生える草を、長く伸びた頃におじさんたちが何人かで

この草刈機を使って刈って行くんですよ。

今まではありがたあいなぁ、くらいにしか思ってなかったんですが、

あんなに長い距離・時間をやるのって、結構大変な事なんだな、と

初めて知りました。

技術もないとですしね。

いやぁ、おじさんたちすごいですね。


書き出すと長くなるので、とりあえず控えますが・・・

今の僕は、週に一回は清里へ通う生活をしています。

多くは一泊一日、たまに三泊三日、ときにはそれ以上。

こういう生活をしていると、自分の生活のどちらが本当で、

どちらが本当でないか分からなくなってきます。


もちろん、どちらも現実なのですが、どちらかが夢のような気がしてくるんですね。


それくらい、山の生活は、東京での生活と違います。

今までの自分の価値観がひっくりかえるような、

いや、どちらかというと、今ままで自分が感じていた違和感を

間違いじゃなかったと思い知らされるるような感じです。


実際にそこで暮らし、そこで働き、とかすると、また違うのかも

しれないですが、

それくらい心や頭をゆすぶられる新鮮な、そしてホッとする気持ちになれます。



観光で清里を訪れて、軽井沢のような商業的な観光地ではなく、

自然の中での気持ちよさを感じる
事が出来た方は、

是非、次こそは清里にのんびり来てみてください。

絶対、ここでは何かを感じることができると思います。



みんな、清里に来ればいいのに。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里で草刈り 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる