「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「西の魔女が死んだ」 in 清里

<<   作成日時 : 2008/06/19 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 5

梨木香歩原作の『西の魔女が死んだ』という映画

6月21日から公開されます。

内容についてはここでは触れませんが、

とても素敵な話です。

ストーリーのメインの舞台となる

その登場人物の一人であるおばあちゃんの家のオープンセットが

清里の清泉寮があるKEEPの敷地内にあります。

今月の初旬から一般公開されているというので、

見に行ってきました。


今日は雨は降っていなかったものの、

朝から曇り、雨になるんだろうな、と思わせるほど、

空気は雨の匂いに満ちていました。

お昼過ぎに清泉寮のあたりに行ったのですが、

近づくにつれ霧が濃くなり、

この辺の気候に慣れていない人では

運転をするのがかなり怖いだろうな、

というくらいでした。


清泉寮の駐車場に車を停め、

道に立てられた看板に従い歩くこと10分弱

霧の先におばあちゃんの家が見えてきました。

霧が特別の演出をしてくれていて、

味のある風景に。

晴れた日でも素敵だったでしょうが、

今日この日に来てよかった、とつくづく思うほど。


家はあくまでも撮影の為に建てられた物、

撮影の事情を考慮して造られているため、

多少、原作とは違っていたりもしますが、

それでも小説の場面を思い起こすには十分な

作りでした。


正直な話、一昨日から原作を読み始め、

昨日読み終えたばかりの僕としては、

シミジミもし、かつ、場所によっては泣いてしまうかと

思うほどその世界に引き込まれました。


映画はまだ見ていませんが、

原作はとても素敵なお話。

そんな素敵な話の映像上の舞台が

大好きな清里になったこと、

とても嬉しく思いました。


清里にお越しの際はぜひ、このおばあちゃんの家も

見てみてください。

本当に素敵な空間です。

(でも、300円取られますけど)

そして、できれば、ここを訪れる前に

原作なり、映画なりで

この世界を知ってから見てください。

空想と現実が入り混じり

不思議な嬉しさを体験できますから。

おばあちゃんの家は10月まで公開予定だそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「西の魔女が死んだ」
映画 「西の魔女が死んだ」 を観ました。 ...続きを見る
ようこそMr.G
2008/06/20 00:05
西の魔女が死んだ
J:COM独占試写会に参加してきました 会場はなんと映画館、なんか得した気分でした それにしても試写会に来る子供は・・・ウザイ〜 小学校低学年ぐらいの子供には2時間映画は無理ですよ アニメ映画ならまだ知らず、上映開始1時間ぐらいで飽きて 話しを始めるは座席の上に立つは・・・ それを注意しないバカ親・・・やはり親がバカだと子供も・・・ 普通にお金払って見てるときにあれやられたら間違いなく ケリ食らわしてるな、周りに迷惑掛けるなら家でテレビでも見てろ! ...続きを見る
ぱかぱかwin!
2008/06/20 21:42
西の魔女が死んだ
&nbsp;おばあちゃん、大好き! ...続きを見る
悠雅的生活
2008/06/21 20:19
【2008-150】西の魔女が死んだ The Witch of The West is Dead
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/07/06 19:57
満足度ランキング1位 西の魔女が死んだ を観てきました。
 ぴあ満足度ランキングで1位となった、感動必須の西の魔女が死んだを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/07/21 15:04
清里日報「管理人のひとりごと」 2008年総決算 !!
どこかのブログで、 ...続きを見る
「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜
2009/01/04 23:19
【映画レビュー】西の魔女が死んだ
2008年/日本 監督: 長崎俊一 脚本: 長崎俊一 矢沢由美 原作: 梨木香歩 音楽: トベタ・バジュン 出演: サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一 りょう 他 ...続きを見る
Hisa-Bo's Walk
2009/06/05 18:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、有料になる前の5月31日の雨ですごく寒い日に行きました。。。
寒すぎたからなのか、中に少しだけ入れてくれて、話しも伺えました、ラッキーでした♪
撮影用に作られているので、映画で観る方が小さく(狭く)観えるかも?と話されていました。。。
その後、Yahoo!動画12000名様招待で当り、家でパソコンを液晶テレビに繋いで観ました♪
最後、泣けてきちゃいました。。。
機会があれば、映画館で観たいと思いました。。。
shappy
2008/06/20 08:18
私も原作を読み、映画みたいなーと思っています。
清里だったのですね。近かったら行ってみたいのですが。最近のどんなアクション映画より、自然をもとにした心休まる風景でしょうね。
もりもり
2008/06/21 10:36
ぱやさん、こんばんわ☆

しょっちゅう清里へ行かれていていいな〜と思いながらブログ拝見しています(^^)

ちょうど霧がでていて雰囲気がいいですね!

西の魔女が死んだという映画見てみたいです。
気になります。

西の魔女が死んだというお話、ちょっと気になります。

えり
2008/06/21 22:07
まとめレスで申し訳ないです。
本文にも少し書いたのですが、この写真の建物は
あくまでも撮影用に建てられたものです。
もちろん原作に忠実に作られてる一方で、
カメラの配置や展開スペースなどを事前に考えて
作っているので、多少、原作のイメージと違うところも
あるのかもしれません。
ぱや
2008/06/21 22:58
〜つづき〜

お話自体は、魔女というとちょっと怖いイメージもあるかもしれませんが、
結局は、自然と共に生きて、人間本来の力をちゃんと
持っている人、というような解釈を僕はしています。
正直、羨ましくもあります。

そういうこともあって、映画の出来がどれほどなのかは
まだわかりませんが、本を読んでみてとても好きな一冊に
なりましたし、セットを見たせいもあって、余計に
映画も見てみたくなっています。

とりあえず、本はお勧めですし、セットということを抜きにしても、
この「おばあちゃんの家」も建っている場所も素敵ですので
こちらもお勧めです。

ただ、色々大人の事情があるらしいのですが、
お金を取るのはどうなんだろう、とは正直思いますね。
300円ならまぁいいか、という自分もいたりしますけど、家族5人で行ったら1500円ですもんね・・・。
ぱや
2008/06/21 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
「西の魔女が死んだ」 in 清里 「清里日報」 〜管理人のひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる